ヴェローナ発 〓 音楽祭のカーテンコールでオーケストラ起立せず、“歌えない、振れない”ドミンゴへの反発広がる

2022/09/07

世界的オペラ歌手、82歳で現役を続けるプラシド・ドミンゴがピンチを迎えている。8月に入って新たなセックス・スキャンダルが噴出したことに加え、8月末のヴェローナ音楽祭(Arena di Verona)での、歌と指揮に批判が集中。ヴェローナ市当局に詫び状を送る事態に発展している。

新たに噴出したセックス・スキャンダルはアルゼンチンが舞台。女性買春を取り仕切っていたギャング団が一斉摘発され、そのギャング団とドミンゴとのやりとりの録音が残っていたことが発覚、その関係について現地メディアが大騒ぎに。

今回はこれに加えて、音楽家としての演奏の内容が問われているだけにより深刻。歌手として登板した25日のガラ・コンサート「ドミンゴ・イン・ヴェルディ・オペラナイト」では《アイーダ》や《ドン・カルロ》、《マクベス》からバリトン歌手のレパートリーを歌ったが、歌い間違いを起こし、最後には声が出なくなって、“マクベスの乾杯”はロマン・ブルデンコが急きょ代役に立った。

翌日は指揮者としてプッチーニ《トゥーランドット》を指揮したが、現地メディアが伝えるオーケストラのメンバーの話では、これがまたリハーサル不足の上に振り間違いを頻発。あまりの指揮ぶりにオーケストラが、カーテンコールでドミンゴに促されても起立を拒否、抗議の姿勢をみせるという前代未聞の終演となった。

さらに翌日になって、オーケストラ・メンバーたちが所属する労働組合が音楽祭の経営陣に対して、音楽祭100周年の2023年にドミンゴによるガラ・コンサートが予定されていることについて再考を求める要望書を提出する騒ぎに発展。ドミンゴと世界的な舞台で数多く競演してきた76歳のカーティア・リッチャレッリがマスコミの取材にドミンゴへの苦言を呈するコメントを発表と、まだ騒ぎは収まっていない。

現地メディアによると、こうしたことを受けてドミンゴは先週末、ヴェローナ市長とアレーナの芸術監督に謝罪の手紙を送付。歌手、また指揮者としての不出来を詫びびつつ、「来年はフェスティバルの100周年になる。私の唯一の願いは、皆さんの並外れた歴史に敬意を表するようなショーを実現することです」と来年の出演を願い出ているという。

写真:Arena di Verona


関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 来年の音楽祭の概要を発表

  2. マルチナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭の次期芸術監督にセバスチャン・シュワルツ

  3. バイロイト・バロック 〓 音楽祭開幕、ポルポラのオペラ《カルロ・ディ・カルヴォ》で

  4. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  5. ミラノ発 〓 スカラ座は7日の新シーズン開幕に向けて準備万端、ネトレプコも肩の手術から現場復帰

  6. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  7. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ブレゲンツ音楽祭 〓 2022年の公演ラインナップを発表、湖上ステージの《蝶々夫人》以外に《アルジェのイタリア女》、《アルミーダ》、《シベリア》を上演

  9. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  10. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  11. アスペン発 〓 アスペン音楽祭がアスペン・フィルハーモニックのコンサートをすべてキャンセル

  12. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 来年2021年のスケジュールを発表

  13. バイロイト音楽祭 〓 キャスト交代を発表、《ワルキューレ》のブリュンヒルデはイレーネ・テオリンの代役にキャサリン・フォスターが出演

  14. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  15. ロングボロー発 〓 ロングボロー・フェスティバル・オペラが今年上演の《ジークフリート》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。