東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

2022/03/29

NHK交響楽団(NHK Symphony Orchestra)が25日、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新シーズンから首席指揮者に就任するファビオ・ルイージ(Fabio Luisi)は、9月の就任記念公演でヴェルディの《レクイエム》を含め、3種類のプログラムを指揮する。

新シーズンは、NHKホールのリニューアが終了、Aプログラム、Cプログラムは本拠地での開催に戻る。Bプログラムは従来通り、サントリーホールで行われる。ただ、マチネ公演は日曜日のAプロ、土曜日のCプロの開演時間が早まって午後2時開演に変更、一方、Cプロは金曜夜の開演時間が後倒しとなり、午後7時半開演となる。

ルイージが登場するのは、9月、12月、2023年5月の3回。一方、首席指揮者退任後、名誉指揮者に就任したパーヴォ・ヤルヴィは4月に登場する。また、95歳となる桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテットは10月に客演、Aプロでマーラーの交響曲第9番、Bプロでグリーグのピアノ協奏曲とニールセンの交響曲第3番、Cプロでシューベルトの交響曲第1番と6番といった具合。

海外からの客演指揮者も充実しており、レナード・スラットキン、ヤクブ・フルシャ、ジャナンドレア・ノセダといった顔ぶれ。ロシアのウクライナ侵略で ロシアのボリショイ劇場とフランスのトゥールーズ・キャピトル管弦楽団の音楽監督を同時辞任し、その去就が注目されているトゥガン・ソヒエフも1月に登場する。

写真:Opernhaus Zürich / Monika Rittershaus


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  2. ハンブルク発 〓 NDRエルプフィルが首席指揮者のアラン・ギルバートとの契約を延長

  3. 東京発 〓 東京フィルが2022シーズンの定期演奏会ラインナップを発表、バッティストーニ、チョン、プレトニョフが揃い踏み

  4. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  5. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  6. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  7. エッセン発 〓 ドイツの老舗音楽月刊誌「フォノ・フォルム」廃刊へ

  8. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  9. リンツ発 〓 マルクス・ポシュナーがブルックナー管の首席指揮者を2026/2027シーズンで退任

  10. ミュンヘン発 〓 ソプラノ歌手のアニヤ・ハルテロスが2024年の活動休止を発表、家族の看病に専念

  11. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが芸術総監督を退任するバッハラーへ送別コンサート、ストリーミング配信も

  13. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  14. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第54週、第55週のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。