訃報 〓 シュテファン・ショルテス(73)ハンガリー出身の指揮者

2022/07/23
【最終更新日】2023/02/06

ハンガリー出身で、ドイツ、オーストリアを中心に活躍した指揮者のシュテファン・ショルテス(Stefan Soltesz)が22日、バイエルン州立歌劇場でリヒャルト・シュトラウス《無口な女》を指揮中に倒れ、病院に運ばれたがそのまま亡くなった。73歳だった。オーストリアの市民権を持ち、ベルリンを拠点に活動していた。

ハンガリー北東部の街ニーレジハーザ生まれ。4歳からピアノを始め、1956年のハンガリー動乱でウィーンに移住、ウィーン少年合唱団のメンバーとして活動した。長じて、ウィーン音楽院でピアノ、指揮、作曲を学び、1971年にアン・デア・ウィーン劇場で指揮者としてデビューした。

その後、1973年から1983年にかけてウィーン国立歌劇場のコレペティートルを務め、その間にザルツブルク音楽祭でカール・ベーム、クリストフ・フォン・ドホナーニやヘルベルト・フォン・カラヤンらの助手を務めて研鑽を積んだ。また、同時にグラーツ歌劇場の客演指揮者としても活動した。

1988年にはドイツ北西部の街ブラウンシュヴァイクの州立劇場の音楽総監督に就任。その後、ベルギーのアントワープとゲントを拠点とするフランダース・オペラ首席指揮者を経て、1997年からエッセン州立アアルト劇場の総監督・音楽監督を歴任した(-2013)。その間も、ハンブルク州立オペラ(1983-1985)、ベルリン・ドイツ・オペラ(1985-1997)の指揮者陣に加わり、出演を重ねている。

バイエルン州立歌劇場で公演中に倒れて亡くなるのはショルテスで4人目という。
 ・フェリックス・モットル/1911年6月21日、《トリスタンとイゾルデ》指揮中に心臓発作で倒れ、10日後に死去(54歳)
 ・ヨーゼフ・カイルベルト/1968年7月20日、《トリスタンとイゾルデ》指揮中に死去(60歳)
 ・ジュゼッペ・パターネ/1989年5月29日、《セビリアの理髪師》指揮中に心臓発作を起こし、その日の夜に死去(58歳)


写真:Jonas Holthaus


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが「ヨーロッパ・コンサート」の開催地を変更、ウクライナのオデーサからラトビアのリエパーヤへ

  2. 東京発 〓 新日本フィルが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  3. サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

  4. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  5. ミュンヘン発 〓 テノール歌手のダニエル・プロハスカにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  6. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの首席ホルンに20歳のアンネマリー・フェデーレ

  7. フランクフルト発 〓 フランクフルト市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ミラノ発 〓 音楽監督のリッカルド・シャイーが反論、ウクライナ領事のスカラ座《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め要請に

  9. エルサレム発 〓 ジュリアン・ラクリンがエルサレム響の次期首席指揮者に

  10. イエナ発 〓 イエナ・フィルが音楽総監督のジモン・ガウデンツとの契約を延長

  11. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  12. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  13. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  14. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  15. 訃報 〓 フー・ツォン(86)中国生まれの英国のピアニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。