ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

2021/10/11

ドイツ・ハノーファーで行われていた第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール=Internationaler Joseph Joachim Violinwettbewerb, Hannover」で、米国のマリア・ユデニッチ(Maria Ioudenitch)が優勝した。入賞は日本の吉田南、ドイツのキアラ・サニカンドロ、スペインのハビエル・コメサーニャの3人。

ユデニッチはロシア生まれの25歳。父親はピアニストのスタニスラフ・ユデニッチで、3歳で米国カンザス・シティに移住、その後、カーティス音楽院、ニュー・イングランド音楽院で学んだ。3万ユーロの賞金以外に加え、20を超えるドイツのオーケストラとの共演、ワーナー・クラシックスからのアルバム・デビューの機会が与えられる。

吉田は奈良県出身の23才。桐朋女子高校音楽科を首席卒業後、渡米。ボストンのニューイングランド音楽院在学中。同時に東京音楽大学アーティストディプロマコースに特別特待奨学生として学んでいる。日本音楽財団が貸与した1716年製ストラディヴァリウス「ブース」を2021年8月から使用中。

コンクールは3年に1度の開催で、ニーダー・ザクセン財団がハノーファーゆかりのヨーゼフ・ヨアヒム(1831-1907)を記念して1991年に創設したもの。ヨアヒムは指揮者、作曲家としても活躍した往年のヴァイオリニストで、ブラームスのヴァイオリン協奏曲の初演したことでも知られる。

写真:Joseph Joachim International Violin Competition Hanover / Stiftung Niedersachsen / Helge Krückeberg


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  2. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  4. 訃報 〓 ニコラ・ジョエル, フランスの演出家・パリ国立オペラ元総裁

  5. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  6. トリノ発 〓 リッカルド・ムーティがストリーミングのための《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮してトリノ歌劇場にデビュー

  7. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  9. 訃報 〓 カラン・アームストロング, 米国のソプラノ歌手

  10. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  11. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  12. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  13. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭も開催断念を発表

  14. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  15. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。