ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

2021/10/11

ドイツ・ハノーファーで行われていた第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール=Internationaler Joseph Joachim Violinwettbewerb, Hannover」で、米国のマリア・ユデニッチ(Maria Ioudenitch)が優勝した。入賞は日本の吉田南、ドイツのキアラ・サニカンドロ、スペインのハビエル・コメサーニャの3人。

ユデニッチはロシア生まれの25歳。父親はピアニストのスタニスラフ・ユデニッチで、3歳で米国カンザス・シティに移住、その後、カーティス音楽院、ニュー・イングランド音楽院で学んだ。3万ユーロの賞金以外に加え、20を超えるドイツのオーケストラとの共演、ワーナー・クラシックスからのアルバム・デビューの機会が与えられる。

吉田は奈良県出身の23才。桐朋女子高校音楽科を首席卒業後、渡米。ボストンのニューイングランド音楽院在学中。同時に東京音楽大学アーティストディプロマコースに特別特待奨学生として学んでいる。日本音楽財団が貸与した1716年製ストラディヴァリウス「ブース」を2021年8月から使用中。

コンクールは3年に1度の開催で、ニーダー・ザクセン財団がハノーファーゆかりのヨーゼフ・ヨアヒム(1831-1907)を記念して1991年に創設したもの。ヨアヒムは指揮者、作曲家としても活躍した往年のヴァイオリニストで、ブラームスのヴァイオリン協奏曲の初演したことでも知られる。

写真:Joseph Joachim International Violin Competition Hanover / Stiftung Niedersachsen / Helge Krückeberg


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の終了を発表

  2. マインツ発 〓 2022年の「ロベルト・シューマン賞」はハインツ・ホリガーに

  3. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  4. ロンドン発 〓 「BBCプロムス」がこの夏の公演ラインナップを発表、「ラストナイト」の指揮はダリア・スタセヴスカ

  5. 訃報 〓 ヤン・クレンツ, ポーランドの指揮者・作曲家

  6. マドリード発 〓 スペインがドミンゴ排除 !?

  7. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  8. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  9. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  10. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  11. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  12. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  13. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  14. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  15. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が《マノン・レスコー》の公演で、マリア・アグレスタの代役にアンナ・ネトレプコを起用

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。