訃報 〓 ガリーナ・ピサレンコ(88)ロシアのソプラノ歌手

2022/11/05
【最終更新日】2023/02/05

ロシアのソプラノ歌手ガリーナ・ピサレンコ(Galina Pisarenko)が10月23日に亡くなった。88歳だった。ソ連時代から国際的な活躍を続け、数多くの録音に参加した。そのかたわらモスクワ音楽院で長く後進の指導に当たり、チャイコフスキー国際コンクールなどの審査員も歴任した。ロシア人民芸術家。

1934年、レニングラードの生まれ。グネーシン国立音楽大学でピアノを学ぶかたわら、モスクワ大学で経済学を、モスクワ国立言語大学モーリス・トレズ外国語研究所で外国語を学んだ。声楽を本格的に学んだのはその後で、モスクワ音楽院で、ピアニストのスヴャトスラフ・リヒテル夫人で名伯楽として知られたニーナ・ドルリアクに師事した。

1961年から1990年までスタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ国立モスクワ音楽劇場の看板歌手としてコロラトゥーラ・ソプラノ、リリック・ソプラノのさまざまな役を歌い、活躍の場を国際的に広げた。

伝説的な演出家ワルター・フェルゼンシュタイン率いる旧東ドイツのベルリン・コミッシェ・オーパーにも、1972年から1976年まで定期的に出演を重ねた。また、音楽劇場の日本公演で来日、チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》でタチアナを演じている。

そのかたわら、1976年から母校のモスクワ音楽院で後進の指導を始め、1982年から助教授、1995年からは教授を務めた。門下生にはアルビナ・シャギムラトヴァ、エレーナ・グーセワらがいる。また、1991年に音楽劇場がモスクワ・ニュー・オペラを起ち上げに加わり、1994年からはトップを務めた。

写真:eemuzh.ru


関連記事

  1. マンチェスター発 〓 空席だったBBCフィルハーモニックの首席指揮者にヨン・ストルゴールズ

  2. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ミラノ発 〓 12月7日のシーズン開幕は無観客でスペシャル・ガラ・コンサート

  5. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  6. アムステルダム発 〓 ミラノ響のコンサートで気候変動活動家が抗議の叫び、演奏が中断

  7. ケルン発 〓 ケルンWDR響の次期首席指揮者にフランスの女流指揮者マリー・ジャコー

  8. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  9. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールは開催へ

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場がファン・ディエゴ・フローレスの降板でライブ・ストリーミングを中止

  11. ナント発 〓 大聖堂火災でボランティアの男、放火認める

  12. 東京発 〓 ウェルザー=メストの代役はソヒエフ、ウィーン・フィルの日本ツアー

  13. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラ・バレエの次期音楽監督にエドワード・ガードナー

  14. エッセン発 〓 ドイツの老舗音楽月刊誌「フォノ・フォルム」廃刊へ

  15. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場に新総裁、ムーティ招聘への布石?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。