ケープタウン発 〓 若手歌手のための「オペラリア」、2023年は南アフリカのケープタウンで開催

2023/02/18

若手歌手のための「オペラリア=Operalia」がこのほど、2023年は南アフリカのケープタウンで行うと発表した。アートスケープ劇場センターで10月30日から11月5日まで行われる。

「オペラリア」は世界的なオペラ歌手のプラシド・ドミンゴが主宰する若手歌手のためのコンクールで、18歳から32歳までの若者が対象。創設は1993年の創設で、2023年で30周年を迎える。

毎年違う都市で行われており、2020年はイスラエルのテルアビブで行われる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で中止されている。2021年はモスクワのボリショイ劇場で、2022年はラトビアの首都リガの国立歌劇場で行われている。

写真:Latvijas Nacionālā opera


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  2. 訃報 〓 ミキス・テオドラキス(96)ギリシャの作曲家・社会活動家

  3. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  4. チューリッヒ発 〓 トーンハレが9月にリニューアル・オープン

  5. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響の指揮をキャンセル、また新型コロナの陽性反応。代役にリナ・ゴンサレス・グラナドス

  6. ネイプルズ発 〓 米国のネイプルズ管の芸術・音楽監督に英国のアレクサンダー・シェリー

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの新しいクラリネット奏者はともにスロベニア出身で同門という二人

  8. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  9. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  10. チューリッヒ発 〓 チューリッヒはワクチン証明か、その場での検査陰性で入場可

  11. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが8日からネット上で「マーラー・フェスティバル」

  12. 訃報 〓 ジョーゼフ・ホロヴィッツ(95)英国の作曲家

  13. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  14. ボストン発 〓 ボストン響がレイオフに続き、平均37%の報酬カット

  15. ハノーファー発 〓 北ドイツ放送フィルの次期首席指揮者にスタニスラフ・コチャノフスキー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。