サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

2021/07/13

スペインのヴィオラ・ダ・ガンバ奏者で指揮者のジョルディ・サヴァール(Jordi Savall)が新しい音楽祭を起ち上げることを発表した。自らの名を冠した「ジョルディ・サヴァール音楽祭」で、バルセロナの西、タラゴナ県にあるサンテス・クレウスにある王立修道院をメイン会場に8月11日から15日まで行われる。

8月1日に80歳を迎えるサヴァールは古楽界を牽引してきた立役者の一人。1974年にオリジナル楽器のアンサンブル「エスペリオンXX」を設立して以降、1987年に声楽アンサンブル「ラ・カペイラ・レイアル」、1989年に「コンセール・デ・ナシオン」を起ち上げ、国際的な活動を続けてきた。

サヴァールは2013年から2019年にかけて同じタラゴナ県にあるポブレー修道院で音楽祭を主宰していたことがあるが、会見で新たな会場となる1160年建設のサンテス・クレウス王立修道院について「ヨーロッパで最も古いステンドグラスの窓があり、素晴らしい音響と非常に美しい光度を備えた場所」と期待を込めている。

写真:Festival Jordi Savall Santes Creus


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

  2. ウィーン発 〓 オーストリア政府がロックダウンを24日まで延長

  3. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  4. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  5. 東京発 〓 新国立劇場が「巣ごもりシアター」第4弾のラインナップ発表

  6. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  7. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  8. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  9. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  10. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  11. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  12. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  13. 北京発 〓 中国の“ウイルス征圧”投稿が物議

  14. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  15. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。