訃報 〓 ミシェル・トランポン, ベルギーのバリトン歌手

2021/02/04

ベルギーのバリトン歌手、ミシェル・トランポン(Michel Trempont)が1月30日に老衰で亡くなった。92歳だった。味のある演技派の歌手として活躍、フランス物を中心に現代物まで幅広いレパートリーを誇った。日本でも2000年、新国立劇場のマスネ《ドンキ・ショット》でサンチョ・パンサを歌っている。

1928年、エノー生まれ。州都モンスの音楽院で学んで、「ファウスト」のバレンティンとしてリエージュ歌劇場でオペラ・デビューした。1956年にはモネ劇場に出演、1960年まで専属歌手として活動した。1966年にはパリのオペラ・コミック座にデビュー、国際的な活動の足がかりを掴んだ。

その後、パリ、ミラノ、ニューヨークと著名な歌劇場に出演を重ね、150の役を歌っている。《セビリアの理髪師》や《フィガロの結婚》のフィガロ、《コジ・ファン・トゥッテ》のグリエルモ、《ラ・ボエーム》のマルチェロ、《オリー伯爵》のランボーなどで高い評価を受けた。

写真:Opéra national de Paris





関連記事

  1. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  3. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  4. ブリスベン発 〓 クイーンズランド交響楽団の次期首席指揮者にヨハネス・フリッチュ

  5. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  6. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  7. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  8. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  9. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  10. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響が2020年のすべての公演をキャンセル

  11. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  12. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが8日からネット上で「マーラー・フェスティバル」

  13. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  14. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  15. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。