訃報 〓 ミシェル・トランポン, ベルギーのバリトン歌手

2021/02/04

ベルギーのバリトン歌手、ミシェル・トランポン(Michel Trempont)が1月30日に老衰で亡くなった。92歳だった。味のある演技派の歌手として活躍、フランス物を中心に現代物まで幅広いレパートリーを誇った。日本でも2000年、新国立劇場のマスネ《ドンキ・ショット》でサンチョ・パンサを歌っている。

1928年、エノー生まれ。州都モンスの音楽院で学んで、「ファウスト」のバレンティンとしてリエージュ歌劇場でオペラ・デビューした。1956年にはモネ劇場に出演、1960年まで専属歌手として活動した。1966年にはパリのオペラ・コミック座にデビュー、国際的な活動の足がかりを掴んだ。

その後、パリ、ミラノ、ニューヨークと著名な歌劇場に出演を重ね、150の役を歌っている。《セビリアの理髪師》や《フィガロの結婚》のフィガロ、《コジ・ファン・トゥッテ》のグリエルモ、《ラ・ボエーム》のマルチェロ、《オリー伯爵》のランボーなどで高い評価を受けた。

写真:Opéra national de Paris





関連記事

  1. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  2. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  4. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  5. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  6. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日、新制作の《皇帝ティートの慈悲》で再開場へ

  7. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  10. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  11. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  12. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  14. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  15. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアがこの冬の《ニーベルングの指環》の新製作を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。