フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

2020/12/09

コントラルト歌手で指揮者のナタリー・シュトゥッツマン(Nathalie Stutzmann)が米国のフィラデルフィア管弦楽団の首席客演指揮者に就任することになった。任期は 2021/2022シーズンから。シュトゥッツマンは現在、ノルウェーのクリスチャンサン交響楽団の首席指揮者(2018-)、アイルランドのRTÉ国立交響楽団の首席客演指揮者(2017-)を務めている。

シュトゥッツマンはパリ郊外の田園都市シュレンヌ生まれの55歳。1988年の「ベルテルスマン国際声楽コンクール」で優勝して歌手として活躍の場を広げていたが、2000年代に入ってヨルマ・パヌラらに師事して指揮活動をスタート。2009年には自ら室内アンサンブル「オルフェオ55」を設立して(昨年4月に資金難から活動を停止)指揮活動を本格化させた。

写真:Kristiansand Symfoniorkester


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 パトリック・ハーンがミュンヘン放送管の首席客演指揮者に

  2. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ, オーストリアの合唱指揮者

  3. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  4. フランクフルト発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にトーマス・グガイス、セバスティアン・ヴァイグレの後任

  5. ローマ発 〓 チョン・ミョンフンがローマ歌劇場管弦楽団に“デビュー”

  6. 訃報 〓 ジョセフ・ブルバ, チェコ出身のピアニスト

  7. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  8. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  9. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  10. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  11. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  12. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  13. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  14. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  15. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。