エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2021年は6月30日の開幕、ラトルが《トリスタンとイゾルデ》を指揮

2020/12/06
【最終更新日】2021/02/03

南仏エクス=アン=プロヴァンス音楽祭(Festival d’Aix-en-Provence)が2021年のスケジュールを発表した。それによると、2021年は6月30日から7月25日までの開催。2021年はロンドン交響楽団が客演し、音楽監督のサイモン・ラトルの指揮でワーグナー《トリスタンとイゾルデ》、スザンナ・マルッキの指揮でサーリアホ《イノセンス》の上演に取り組む。上演される主な作品は以下の通り。

ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
[演出]サイモン・ストーン
[指揮]サイモン・ラトル
[出演]スチュアート・スケルトン / ニーナ・シュテンメ / ジェイミー・バートン / フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ / ヨゼフ・ワーグナー
[オーケストラ]ロンドン交響楽団


モーツァルト《フィガロの結婚》
[演出]ロッテ・デ・ベア
[指揮]トーマス・ヘンゲルブロック
[出演]ギュラ・オレント / ジャクリーン・ワグナー / ジュリー・フックス / アンドレ・シュエン / レア・デサンドレ / エミリアーノ・ゴンザレス・トロ
[オーケストラ]バルタザール・ノイマン・アンサンブル


サーリアホ《イノセンス》
[演出]サイモン・ストーン
[指揮]スザンナ・マルッキ
[出演]マグダレーナ・コジェナー / サンドリーヌ・ピオー / トゥオマス・プルシオ / リリアン・ファラハニ / マルクス・ニッカネン / ユッカ・ラジライネン
[オーケストラ]ロンドン交響楽団


ヴェルディ《ファルスタッフ》
[演出]バリー・コスキー
[指揮]ダニエレ・ルスティオーニ
[出演]クリストファー・パーヴス / ステファン・ドゥグー / フアン・フランシスコ・ガテル / カルメン・ジャンナッタージョ / ダニエラ・バルチェローナ / ジューリア・セメンツァート
[オーケストラ]リヨン国立歌劇場管弦楽団

リムスキー=コルサコフ《金鶏》
[演出]バリー・コスキー
[指揮]ダニエレ・ルスティオーニ
[出演]ドミトリー・ウリヤノフ / ニーナ・ミナシャン / アンドレイ・ポポフ / ヴァシリー・エフィモフ / ミッシャ・シェロミャンスキ / マルガリータ・ネクラソワ
[オーケストラ]リヨン国立歌劇場管弦楽団


サミール・オデー=タミミ《アラブの黙示録》
[演出]ピエール・アウディ
[指揮]イラン・ヴォルコフ·
[オーケストラ]アンサンブル・モデルン

ブシュラ・エル=トゥルク《Woman at point zero》
[指揮]阿部加奈子
[演出]ライラ・ソリマン
[出演]ライラ・ソリマン / ナイ・バルグーティ / ディマ・オルショー
[オーケストラ]Ensemble Zar


ヴェルディ《二人のフォスカリ》=演奏会形式
[指揮]ダニエレ・ルスティオーニ
[出演]レオ・ヌッチ / フランチェスコ・メーリ
[オーケストラ]リヨン国立歌劇場管弦楽団


写真:Festival d’Aix-en-Provence


    音楽祭プロフィールはこちら ▷






関連記事

  1. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  2. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが2023年の音楽祭の概要を発表

  3. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  4. バイロイト音楽祭 〓 来年の音楽祭の概要を発表

  5. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールの優勝者は2003年以来の「該当者なし」

  6. ヴェローナ音楽祭 〓 リッカルド・ムーティが2021年の音楽祭に登場

  7. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  8. インスブルック古楽音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  9. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 来年2021年のスケジュールを発表

  11. ガーシントン・オペラ 〓 9月にセミ・ステージ形式で《フィデリオ》

  12. トゥール発 〓 サントル=ヴァル・ド・ロワール交響楽団の首席客演指揮者にベネズエラの女流指揮者グラス・マルカーノ

  13. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  14. レノックス発 〓 タングルウッド音楽祭が2022年のスケジュールを発表

  15. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭がストリーミング配信の8月のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。