プッチーニ・フェスティバル 〓 音楽祭がこの夏の公演ラインナップを発表

2020/02/18

プッチーニ・フェスティバル(festival Puccini)がこの夏の公演ラインナップを発表した。今年で66回を数える音楽祭は今年、5作品を上演する。

プッチーニは晩年をピサに近い湖畔の村トーレ・デル・ラーゴで過ごし、マサチュッコリ湖畔には晩年を過ごした別荘がある。音楽祭は毎夏、その別荘に隣接して建てられた野外劇場でプッチーニのオペラだけを上演している。

今年の新演出は《トスカ》と《マノン・レスコー》の2作品で、前者はステファニア・サンドレッリ、後者はアルド・タラベッラの演出。

サンドレッリはイタリアの女優で、トーレ・デル・ラーゴにも近いヴィア・レッジョの出身。ジョルジオ・カピターニ監督の2004年の映画『プッチーニ』では母親役を演じている。


《トスカ》= 新制作(演出:ステファニア・サンドレッリ)
7月14日・24日 – 8月2日・21日
指揮:アルベルト・ヴェロネージ
出演:アイノア・アルテタ / 大村博美 / マルセロ・アルバレス / Amadi Lagha /  アンヘル・オデナ

《トゥーランドット》
7月18日 – 8月8日・16日
指揮:ダニエル・スミス
出演:アマリッリ・ニッツァ / シルヴァーナ・フローリ / コーレン・クレア / アレハンドロ・ロイ

《マノン・レスコー》= 新制作(演出:アルド・タラベッラ)
7月25日 – 8月7日
指揮:ジャンナ・フラッタ
出演:ドナータ・ダヌンツィオ・ロンバルディ / Sheshaberidze Michail / ルカ・ブルノ / ブルーノ・デ・シモーネ

《ラ・ボエーム》
8月1日・9日・22日
指揮:エンリコ・カレッソ
出演:ヴィットリア・イェオ / イヴァン・アヨン・リヴァス / マリア・シャボーニア / カタール・カラゲディック

《蝶々夫人》
8月14日・23日
指揮:イヴ・アベル
出演:カリーネ・ババジャニアン / ステファン・ポップ / アンヌンツィアータ・ヴェストリ / ブルーノ・タディア

写真:Festival Puccini Torre del Lago


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  2. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがアーカイブ映像をストリーミング配信

  3. ヴェルディ・フェスティバル 〓 来年のフェスティバルの概要を発表

  4. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  5. バイロイト音楽祭 〓 夏の音楽祭のチケットのネット販売を停止

  6. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  7. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2020年の新作披露は《ファルスタッフ》と《カストールとポリュックス》

  8. シドニー発 〓 ハンダ・オペラが今年の公演を中止

  9. オールドバラ発 〓 ついにオールドバラ音楽祭も中止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  10. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  11. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  12. チューリヒ発 〓 チューリヒ芸術祭が財政難で終了へ

  13. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  14. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管のコンサートマスターにアンドレア・オビソ

  15. バイロイト音楽祭 〓 来年の《さまよえるオランダ人》にオクサーナ・リーニフを起用、女性指揮者は音楽祭初

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。