プッチーニ・フェスティバル 〓 音楽祭がこの夏の公演ラインナップを発表

2020/02/18

プッチーニ・フェスティバル(festival Puccini)がこの夏の公演ラインナップを発表した。今年で66回を数える音楽祭は今年、5作品を上演する。

プッチーニは晩年をピサに近い湖畔の村トーレ・デル・ラーゴで過ごし、マサチュッコリ湖畔には晩年を過ごした別荘がある。音楽祭は毎夏、その別荘に隣接して建てられた野外劇場でプッチーニのオペラだけを上演している。

今年の新演出は《トスカ》と《マノン・レスコー》の2作品で、前者はステファニア・サンドレッリ、後者はアルド・タラベッラの演出。

サンドレッリはイタリアの女優で、トーレ・デル・ラーゴにも近いヴィア・レッジョの出身。ジョルジオ・カピターニ監督の2004年の映画『プッチーニ』では母親役を演じている。


《トスカ》= 新制作(演出:ステファニア・サンドレッリ)
7月14日・24日 – 8月2日・21日
指揮:アルベルト・ヴェロネージ
出演:アイノア・アルテタ / 大村博美 / マルセロ・アルバレス / Amadi Lagha /  アンヘル・オデナ

《トゥーランドット》
7月18日 – 8月8日・16日
指揮:ダニエル・スミス
出演:アマリッリ・ニッツァ / シルヴァーナ・フローリ / コーレン・クレア / アレハンドロ・ロイ

《マノン・レスコー》= 新制作(演出:アルド・タラベッラ)
7月25日 – 8月7日
指揮:ジャンナ・フラッタ
出演:ドナータ・ダヌンツィオ・ロンバルディ / Sheshaberidze Michail / ルカ・ブルノ / ブルーノ・デ・シモーネ

《ラ・ボエーム》
8月1日・9日・22日
指揮:エンリコ・カレッソ
出演:ヴィットリア・イェオ / イヴァン・アヨン・リヴァス / マリア・シャボーニア / カタール・カラゲディック

《蝶々夫人》
8月14日・23日
指揮:イヴ・アベル
出演:カリーネ・ババジャニアン / ステファン・ポップ / アンヌンツィアータ・ヴェストリ / ブルーノ・タディア

写真:Festival Puccini Torre del Lago


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヴェルディ・フェスティバル 〓 来年のフェスティバルの概要を発表

  2. ラ・スペツィア発 〓 空母の甲板でオペラ《蝶々夫人》を上演

  3. ペーザロ発 〓 イタリアのロッシーニ・オペラ・フェスティバルが《ランスへの旅》をライブ・ストリーミング

  4. ジェノヴァ発 〓 カルロ・フェリーチェ劇場の音楽監督にリッカルド・ミナシ

  5. グラインドボーン発 〓 グラインドボーン音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表

  6. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  7. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  9. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭がフィンランド国立歌劇場の芸術監督リリ・パーシキヴィを次期芸術監督に

  10. ミラノ発 〓 ゲルギエフがイタリア国内の資産売却を進めていると、イタリアの有力紙が報道

  11. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  12. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が2024年の「レナード・バーンスタイン賞」をチェロのアナスタシア・コベキナに

  13. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  14. ミラノ発 〓 スカラ座の次期総裁にフェニーチェ劇場総裁のフォルトゥナート・オルトンビーナ

  15. グラインドボーン発 〓 グラインドボーン音楽祭が2021年の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。