リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルの次期首席指揮者にドミンゴ・インドヤン

2020/06/09

ロイヤル・リバプール・フィルハーモニー管弦楽団(Royal Liverpool Philharmonic Orchestra)が6月8日、次期首席指揮者にベネズエラの指揮者ドミンゴ・インドヤン(Domingo Hindoyan)を迎えると発表した。

任期は2021/2022シーズンからで、2004/2005シーズンから首席指揮者を務めてきたヴァシリー・ペトレンコ(Vasily Petrenko)の後任。

インドヤンはベネズエラの首都カラカス生まれの40歳。ベネズエラで生まれた音楽教育プログラム「エル・システマ」の中でヴァイオリンを学んだ後、指揮者に転身した。

その後、ベルナルト・ハイティンク、ヘスス・ロペス=コボスらの下で研鑽を積み、2013/2014シーズンからベルリン国立歌劇場でダニエル・バレンポイムのアシスタントを務めた。

2019/2020シーズンからポーランド国立放送交響楽団 (Polish National Radio Symphony Orchestra)の首席客演指揮者。

夫人はソプラノ歌手のソーニャ・ヨンチェヴァ(Sonya Yoncheva)で、夫妻は2人の子供とスイス在住。

写真:Polish National Radio Symphony Orchestra / Bart Barczyk


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第11週、第12週のラインナップ発表

  2. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  3. ザルツブルク発 〓 オーストリア政府、祝祭大劇場などの改修工事に10年300億円強

  4. 訃報 〓 ルーゼン・グネス, トルコ出身のヴィオラ奏者

  5. 上海発 〓 アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールは来年に延期

  6. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  7. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  8. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  9. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  10. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  11. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  12. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  13. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  15. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。