リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルの次期首席指揮者にドミンゴ・インドヤン

2020/06/09

ロイヤル・リバプール・フィルハーモニー管弦楽団(Royal Liverpool Philharmonic Orchestra)が6月8日、次期首席指揮者にベネズエラの指揮者ドミンゴ・インドヤン(Domingo Hindoyan)を迎えると発表した。

任期は2021/2022シーズンからで、2004/2005シーズンから首席指揮者を務めてきたヴァシリー・ペトレンコ(Vasily Petrenko)の後任。

インドヤンはベネズエラの首都カラカス生まれの40歳。ベネズエラで生まれた音楽教育プログラム「エル・システマ」の中でヴァイオリンを学んだ後、指揮者に転身した。

その後、ベルナルト・ハイティンク、ヘスス・ロペス=コボスらの下で研鑽を積み、2013/2014シーズンからベルリン国立歌劇場でダニエル・バレンポイムのアシスタントを務めた。

2019/2020シーズンからポーランド国立放送交響楽団 (Polish National Radio Symphony Orchestra)の首席客演指揮者。

夫人はソプラノ歌手のソーニャ・ヨンチェヴァ(Sonya Yoncheva)で、夫妻は2人の子供とスイス在住。

写真:Polish National Radio Symphony Orchestra / Bart Barczyk


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  2. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  3. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  4. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  5. クリーブランド発 〓 クリーブランド管弦楽団がヨーロッパ・ツアーを中止

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  7. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  8. 別府発 〓 第22回のアルゲリッチ音楽祭は来年にそのまま延期

  9. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  10. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  11. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  12. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  13. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  14. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  15. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。