ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

2020/12/18

ベルギー・ブリュッセルのモネ劇場(La Monnaie)が新たに作成した2020/2021シーズンの公演スケジュールを発表をした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて当初の予定を組み直したもの。

新しいスケジュールは2021年2月スタートで、開幕を飾るのは、2月7日のコンサート“モーツァルト・アカデミー”。ラファエル・ピションの指揮で、サビーヌ・ドゥヴィエルが出演、モーツァルトの作品を取り上げる。

リサイタルの顔ぶれは、ユリアン・プレガルディエン、ベジュン・メータ、ステファニー・ドゥストラック、エヴァ=マリア・ウェストブロック、サイモン・キーンリサイドが予定されている。オペラのラインナップは以下の通り。


2月12日–16日
モーツァルト《劇場支配人》
[演出]ミヒャエル・デ・コック & ファブリス・ミュルジア
[指揮]アラン・アルティノグリュ
[出演]Mieke de Groote / アキッレ・リドールフィ / ディートリヒ・ヘンシェル / Marie-Aurore D’Awans / Nadine Baboy / エルベ・ロカ・ソンボ / レンネケ・ルイテン / シモーナ・シャトゥロヴァー


3月5日–11日
ロッシーニ《イングランドの女王エリザベッタ》ハイライト – “女王と彼女のお気に入り”
[演出]ジョルディ・ブランチ・トルデリャ
[指揮]フランチェスコ・ランツィロッタ
[出演]サロメ・ジーチャ / セルゲイ・ロマノフスキー / レンネケ・ルイテン / エネア・スカラ / ヴァレンティナ・マストランジェロ


3月6日–12日
ドニゼッティ《ファボリータ》ハイライト – “王と彼のお気に入り”
[演出]ジョルディ・ブランチ・トルデリャ
[指揮]フランチェスコ・ランツィロッタ
[出演]ヴィットリオ・プラート / ラファエラ・ルピナッチ / ルカ・ティットート / エネア・スカラ / ヴァレンティナ・マストランジェロ / ギャバン・リング


4月17日–22日
マティルデ・ヴァンテナール《A Song For The Moon》
[演出]ベアトリス・ラショセ


4月27日–5月11日
ブリテン《ねじの回転》
[演出]アンドレア・ブレス
[指揮]ベン・グラスバーグ
[出演]エド・ライオン / サリー・マシューズ / Thomas Heinen / アンリ・ド・ボーフォール / Katharina Bierweiler / キャロル・ウィルソン / ジゼル・アレン / ジュリアン・バード


6月11日–6月2日
プッチーニ《トスカ》
[演出]ラファエル・R・ヴィラロボス
[指揮]アラン・アルティノグリュ
[出演]パヴェル・チェルノフ / アンドレア・ケア / ローラン・ナウリ / フランコ・ヴァッサーロ / ミルト・パパタナシウ / ダヴィニア・ロドリゲス


写真:La Monnaie


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  2. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  3. 訃報 〓 ルーゼン・グネス, トルコ出身のヴィオラ奏者

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  5. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  6. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  7. ナント発 〓 国立ロワール管が新シーズンのラインナップ発表を見送り

  8. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  9. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルがオンライン音楽祭「ウィンターメッツォ」をスタート

  10. パレルモ発 〓 マッシモ劇場が新制作の《エルナーニ》をライブ・ストリーミング

  11. クラクフ発 〓 ジョルディ・サヴァール一行がポーランドで新型コロナウイルスに感染

  12. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  13. ローマ発 〓 アントニオ・パッパーノがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の首席指揮者を退任

  14. 訃報 〓 アンドレア・ギオー, フランスのソプラノ歌手

  15. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。