ミュンヘン発 〓 ソプラノのニーナ・シュテンメに「宮廷歌手」の称号

2022/08/02

スウェーデンのソプラノ歌手ニーナ・シュテンメ(Nina Stemme)にバイエルン州から「宮廷歌手」の称号が贈られた。シュテンメは28日にバイエルン州立歌劇場で行われたリヒャルト・シュトラウス《影のない女》の公演に出演、終了後に贈呈式が行われた。

シュテンメは1963年生まれの49歳。幼い頃からピアノとヴィオラを始め、アドルフ・フレドリック音楽学校で学んだが、長じてストックホルム大学で経営・経済を専攻。その後、改めてストックホルム芸術大学で声楽を学び、30歳を過ぎてから卒業した。

在学中の1989年、イタリアのコルトーナでモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノを歌って歌手デビュー。1993年に世界的なオペラ歌手プラシド・ドミンゴが主宰する「オペラリア」で優勝して注目を集めた。

2003年に英国のグラインドボーン音楽祭でイゾルデを歌って成功を収めて以来、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場、英ロイヤル・オペラといった著名な歌劇場で活躍。現代最高の“ワーグナー・ソプラノ”として、強靭でドラマチックな声で多くのファンを獲得している。

写真:Bayerische Staatsoper


関連記事

  1. ローマ発 〓 ボチェッリが新型コロナウイルス感染を明らかに

  2. 訃報 〓 リン・ハレル, 米国のチェロ奏者

  3. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  4. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  5. パルマ発 〓 テアトロ・レッジョが《マハゴニー市の興亡》をストリーミング配信

  6. ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭 〓 第100回の音楽祭の開催を断念

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが芸術総監督を退任するバッハラーへ送別コンサート、ストリーミング配信も

  8. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールの優勝者は2003年以来の「該当者なし」

  9. ペルミ発 〓 ペルミ・オペラ・バレエ劇場の次期音楽監督に29歳のミグラン・アガザニアン

  10. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスツィスがコンサートのプログラムを変更、ウクライナとロシアの作曲家の作品を同時に入れる

  11. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  12. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  13. デンバー発 〓 コロラド響の首席指揮者にピーター・ウンジャン

  14. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  15. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。