ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 来年のオペラはネトレプコ主演の《トゥーランドット》

2020/03/09

ザルツブルク復活祭音楽祭が4月3日の開幕を前に、来年2021年の概要を発表した。上演するオペラはプッチーニ《トゥーランドット》で、アンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)がタイトルロールを演じる。他の配役はカラフにユシフ・エイヴァゾフ、リューにゴルダ・シュルツ、ティムールにアレクサンドル・ツィムバリュク。

2021年の客演指揮者はアントニオ・パッパーノで、フィリップ・ヘレヴェッヘが指揮するコンサートも行われる。また、音楽祭の創始者で“楽壇の帝王”と呼ばれた20世紀最大のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンを記念するして、音楽祭期間中に若手演奏家に送られるカラヤン賞の受賞者はヒラリー・ハーン(Hilary Hahn)に決まった。

2021年の音楽祭は、総監督のペーター・ルジツカ(Peter Ruzicka)の最終年。2020年からはバイエルン州立歌劇場の総監督を務めてきたニコラウス・バッハラー(Nikolaus Bachler)に交代する。

また、2013年からクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)率いられて音楽祭のレジデンス・オーケストラを務めてきたシュターツカペレ・ドレスデンが2022年を最後に音楽祭を降板、2023年からは毎年違うオーケストラが客演するスタイルに変更される。

写真:Salzburg Easter Festival


    音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. バイロイト発 〓 シモーネ・ヤングが音楽祭デビュー、音楽祭史上初めて《ニーベルングの指環》を指揮する女性指揮者に

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング第2週のラインナップを発表、新制作の《ドン・ジョヴァンニ》もライブ配信

  3. エクス=アン=プロヴァンス発 〓 エクス=アン=プロヴァンス音楽祭が総監督のピエール・アウディとの契約を延長

  4. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が25歳までの若者向けに特別枠、チケットが2枚まで1枚90ユーロ

  5. バイロイト発 〓 新しい《ニーベルングの指環》で指揮者交代。インキネンが新型コロナでダウン、代役にマイスター

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. モーツァルト週間 〓 2021年の開催断念を発表

  8. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  9. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  10. 松本発 〓 「セイジ・オザワ松本フェスティバル」2年連続の中止を発表

  11. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  13. リガ・ユールマラ音楽祭 〓 ネルソンズがバイロイト祝祭管弦楽団を率いて登場、シカゴ交響楽団の代役で

  14. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・オペラ・フェスティバル、2020年の新作披露は《ファルスタッフ》と《カストールとポリュックス》

  15. バイロイト音楽祭 〓 2021年のスケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。