ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 来年のオペラはネトレプコ主演の《トゥーランドット》

2020/03/09

ザルツブルク復活祭音楽祭が4月3日の開幕を前に、来年2021年の概要を発表した。上演するオペラはプッチーニ《トゥーランドット》で、アンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)がタイトルロールを演じる。他の配役はカラフにユシフ・エイヴァゾフ、リューにゴルダ・シュルツ、ティムールにアレクサンドル・ツィムバリュク。

2021年の客演指揮者はアントニオ・パッパーノで、フィリップ・ヘレヴェッヘが指揮するコンサートも行われる。また、音楽祭の創始者で“楽壇の帝王”と呼ばれた20世紀最大のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンを記念するして、音楽祭期間中に若手演奏家に送られるカラヤン賞の受賞者はヒラリー・ハーン(Hilary Hahn)に決まった。

2021年の音楽祭は、総監督のペーター・ルジツカ(Peter Ruzicka)の最終年。2020年からはバイエルン州立歌劇場の総監督を務めてきたニコラウス・バッハラー(Nikolaus Bachler)に交代する。

また、2013年からクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)率いられて音楽祭のレジデンス・オーケストラを務めてきたシュターツカペレ・ドレスデンが2022年を最後に音楽祭を降板、2023年からは毎年違うオーケストラが客演するスタイルに変更される。

写真:Salzburg Easter Festival


    音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年の音楽祭が閉幕、最終日にドミンゴ

  3. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  5. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  6. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  7. ザルツブルク・モーツァルト週間 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年の音楽祭が開幕

  8. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  9. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  10. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  11. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  12. レスター発 〓 英国の夏の音楽祭、ネヴィル・ホルト・オペラとバクストン・フェスティバルも開催を断念

  13. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  14. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  15. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。