ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 来年のオペラはネトレプコ主演の《トゥーランドット》

2020/03/09

ザルツブルク復活祭音楽祭が4月3日の開幕を前に、来年2021年の概要を発表した。上演するオペラはプッチーニ《トゥーランドット》で、アンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)がタイトルロールを演じる。他の配役はカラフにユシフ・エイヴァゾフ、リューにゴルダ・シュルツ、ティムールにアレクサンドル・ツィムバリュク。

2021年の客演指揮者はアントニオ・パッパーノで、フィリップ・ヘレヴェッヘが指揮するコンサートも行われる。また、音楽祭の創始者で“楽壇の帝王”と呼ばれた20世紀最大のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンを記念するして、音楽祭期間中に若手演奏家に送られるカラヤン賞の受賞者はヒラリー・ハーン(Hilary Hahn)に決まった。

2021年の音楽祭は、総監督のペーター・ルジツカ(Peter Ruzicka)の最終年。2020年からはバイエルン州立歌劇場の総監督を務めてきたニコラウス・バッハラー(Nikolaus Bachler)に交代する。

また、2013年からクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)率いられて音楽祭のレジデンス・オーケストラを務めてきたシュターツカペレ・ドレスデンが2022年を最後に音楽祭を降板、2023年からは毎年違うオーケストラが客演するスタイルに変更される。

写真:Salzburg Easter Festival


    音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル 〓 オペラ上演の断念を発表

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 ヤンソンスの代役にウェルザー=メスト、ソヒエフ

  3. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  5. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  6. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  7. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  8. バイロイト音楽祭 〓 ティーレマンは音楽監督ではない、ことを確認

  9. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  10. ザルツブルク発 〓 オーストリア政府、祝祭大劇場などの改修工事に10年300億円強

  11. ガーシントン・オペラ 〓 9月にセミ・ステージ形式で《フィデリオ》

  12. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2021年は6月30日の開幕、ラトルが《トリスタンとイゾルデ》を指揮

  13. ヴェルビエ音楽祭 〓 2021年のプログラムを発表、藤田、辻井が出演

  14. ヴェルビエ発 〓 ヴェルビエ音楽祭も開催断念

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。