ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

2020/02/12

パルマ王立歌劇場(テアトロ・レッジョ)が来年2020年の「ヴェルディ・フェスティバル」の詳細を発表した。それによると、音楽祭は9月24日の開幕で、10月18日の閉幕。開幕公演はウーゴ・デ・アナの演出で新制作される《十字軍のロンバルディア人》。

フェスティバルは作曲家の生誕100周年だった1913年の創設。ヴェルディはパルマ近郊ブッセートから6キロほどのロンコーレ村の生まれで、フェスティバルはパルマ王立歌劇場が主催し、ヴェルディの作品の上演を集中的に行っている。

パルマ王立歌劇場では《十字軍のロンバルディア人》が上演される他、2020年に再建工事が終わるパルマ市内の聖フランチェスコ聖堂(San Francesco del Prato)で《マクベス》のフランス語版が上演される。また、ブッセートのヴェルディ劇場では《リゴレット》が上演される。


《十字軍のロンバルディア人》
9月24日 – 10月17日
テアトロ・レッジョ(パルマ)
演出:ウーゴ・デ・アナ
指揮:ダニエレ・カッレガーリ
出演:マルコ・チャポーニ / ミケーレ・ペルトゥージ / ヨランダ・アウヤネット / ジャン=フランソワ・ボラス

《リゴレット》
9月25日 – 10月18日
ヴェルディ劇場(ブッセート)
演出:ピエール・フランチェスコ・ マエストリーニ
指揮:アレッサンドロ・パルンボ

《マクベス》フランス語版
9月26日・10月1日・7日・16日
聖フランチェスコ聖堂(パルマ)
演出:ヤニス・コッコス
指揮:ロベルト・アバド
出演:ディミトリ・プラタニアス / ダヴィニア・ロドリゲス / リッカルド・ザネッラート / ジョルジョ・ベッルージ

《エルナーニ》 = コンサート形式
10月4日・9日
テアトロ・レッジョ(パルマ)
指揮:ミケーレ・マリオッティ
出演:ロベルト・アロニカ / アマルトゥブシン・エンクバット / ロベルト・タリアヴィーニ / エレオノーラ・ブラット

写真:Teatro Regio di Parma


    Click here for details ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  2. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  3. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 早くも2022年のプログラムを発表、オペラは《ローエングリン》

  4. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  5. ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭 〓 第100回の音楽祭の開催を断念

  6. ミラノ発 〓 スカラ座も閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  7. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 来年2021年のスケジュールを発表

  8. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の音楽祭は予定通りの開催めざす

  9. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  10. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  11. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  12. ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 開幕延期も、リーニフ指揮の《田園》をライブ・ストリーミング

  13. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  14. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年夏の音楽祭の公演ラインナップを発表

  15. ボローニャ発 〓 人気演出家のダミアーノ・ミケレットが映画監督デビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。