コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

2019/10/25

世界的なバリトン歌手のレオ・ヌッチ(Leo Nucci)が17日夜、イタリア・コッレッジョのアジオーリ劇場で行われたルチアーノ・パヴァロッティを顕彰するガラ・コンサートで歌手活動からの引退を“宣言”した。ヌッチはかねてから10月10日にパルマ王立歌劇場で行われるコンサートが最後と公言してきたが、17日のコンサートで「私は既にカーテンを閉めることに決めていましたが、友人ルチアーノを記念して例外を作りました」。今後、歌手活動からは引退するものの、演出家としてオペラに関わっていくという。

ヌッチは1942年、ボローニャ近郊のカスティリオーネ・デイ・ペーポリ生まれの77歳。1967年にスポレート音楽祭の《セビリアの理髪師》でフィガロを歌ってオペラ歌手としてデビューした後、1969年からミラノ・スカラ座の合唱団員として活動。1973年のヴィオッティ国際音楽コンクールで第1位を獲得して注目を集め、1975年にフェニーチェ劇場の《ラ・ボエーム》でショナールを歌ってソリストとして再始動。その後、世界の著名な歌劇場で活躍。幅広いレパートリーを持つが、現代最高のヴェルディ・バリトンとして名高く、中でも《リゴレット》の主人公リゴレットは他の追随を許さない。

写真:Pavarotti d’Oro

関連記事

  1. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラ・バレエの次期音楽監督にエドワード・ガードナー

  2. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  3. ワルシャワ発 〓 ショパン国際ピアノ・コンクール、予選を再度延期

  4. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

  5. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  6. ミラノ発 〓 スカラ座もゲルギエフを解任、《スペードの女王》の指揮は27歳のティムール・ザンギエフに交代

  7. ロンドン発 〓 ブリン・ターフェルがイングリッシュ・ナショナル・オペラ存続のための嘆願活動

  8. ジェノヴァ発 〓 カルロ・フェリーチェ劇場の音楽監督にリッカルド・ミナシ

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場がポネル演出の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  10. パリ発 〓 アンサンブル・アンテルコンタンポランの次期音楽監督にピエール・ブリューズ

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. パリ発 〓 国立オペラがバスティーユ歌劇場に作曲家サーリアホの記念スペース

  13. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  14. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  15. ローザンヌ発 〓 ローザンヌ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。