コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

2019/10/25

世界的なバリトン歌手のレオ・ヌッチ(Leo Nucci)が17日夜、イタリア・コッレッジョのアジオーリ劇場で行われたルチアーノ・パヴァロッティを顕彰するガラ・コンサートで歌手活動からの引退を“宣言”した。ヌッチはかねてから10月10日にパルマ王立歌劇場で行われるコンサートが最後と公言してきたが、17日のコンサートで「私は既にカーテンを閉めることに決めていましたが、友人ルチアーノを記念して例外を作りました」。今後、歌手活動からは引退するものの、演出家としてオペラに関わっていくという。

ヌッチは1942年、ボローニャ近郊のカスティリオーネ・デイ・ペーポリ生まれの77歳。1967年にスポレート音楽祭の《セビリアの理髪師》でフィガロを歌ってオペラ歌手としてデビューした後、1969年からミラノ・スカラ座の合唱団員として活動。1973年のヴィオッティ国際音楽コンクールで第1位を獲得して注目を集め、1975年にフェニーチェ劇場の《ラ・ボエーム》でショナールを歌ってソリストとして再始動。その後、世界の著名な歌劇場で活躍。幅広いレパートリーを持つが、現代最高のヴェルディ・バリトンとして名高く、中でも《リゴレット》の主人公リゴレットは他の追随を許さない。

写真:Pavarotti d’Oro

関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  2. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  3. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  5. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  6. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  7. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》、《コジ・ファン・トゥッテ》をストリーミング配信

  8. カルロヴィ・ヴァリ発 〓 市議会が地元オーケストラの楽団長を突如解任、それを受けて首席指揮者が抗議の辞任、楽団員は解任撤回の署名集めをスタート

  9. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  10. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  12. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  13. ルツェルン発 〓 延期されていたアンドラーシュ・シフのコンサートの中止決定、新型コロナウイルスの感染拡大止まず

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  15. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。