パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

2020/03/10

フランス文化省が3月9日、フランク・リーステール(Franck Riester)文化大臣が新型コロナウイルスに感染し、パリの自宅で療養していることを発表した。フランスの下院「国民議会」では5人の感染が確認されており、大臣は会議に数日間出席していた。

新型コロナウイルスの感染はフランスにも広がっており、感染者数は9日時点で1,000人を突破、死者は25人を超えている。これを受けてフランス政府は1,000人以上の人々の集まりを禁止している。

パリ国立オペラはスタッフのストライキが継続中で事実上の閉鎖に追い込まれているが、パリのフィルハーモニーも、ピエール・ブーレーズ大ホールで予定されていた3月22日までのコンサートをすべて中止した。

一方、ボルドー歌劇場、ディジョン歌劇場、リール歌劇場はスケジュール通り公演を行うことを表明している。

フィルハーモニーでキャンセルされるのは以下のコンサート。

 9日:SWR南西ドイツ放送交響楽団(指揮:テオドール・クルレンツィス)
 10日:イル・ド・フランス国立管弦楽団(指揮:ジェイムズ・フェデック)
 11日・12日:パリ管弦楽団(指揮:アラン・アルティノグリュ)
 14日・15日:ボリショイ劇場管弦楽団(指揮:トゥガン・ソヒエフ)
 16日:フランス放送フィルハーモニー管弦楽団(指揮:ミッコ・フランク)
 17日:ユジャ・ワン
 18日・19日パリ管弦楽団(指揮:ハンヌ・リントゥ)
 20日;バーミンガム市交響楽団(指揮:ミルガ・グラジニーテ=ティーラ)
 21日・22日:クリーブランド管弦楽団(指揮:フランツ・ウェルザー=メスト)


写真:Philharmonie de Paris

関連記事

  1. ザールブリュッケン発 〓 ザールラント州立劇場が音楽総監督のセバスティアン・ルランとの契約を延長

  2. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  3. ミュンヘン発 〓 ソプラノのディアナ・ダムラウに「ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章」

  4. エディンバラ発 〓 ヴァイオリンのニコラ・ベネデッティがスコッチ・ウィスキー「ザ・マッカラン」のイメージ・キャラクターに

  5. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  6. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  7. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  8. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場の音楽総監督にヴァシリス・クリストプロス

  9. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  11. ウィーン発 〓 グルベローヴァの遺品がオンライン・オークションに

  12. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響が2020年のすべての公演をキャンセル

  13. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  14. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。