パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

2020/10/26

指揮者リッカルド・ムーティ(Riccardo Muti)が11月末からマッシモ劇場の指揮台に立つことになった。11月30日に手兵のルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団(Orchestra Giovanile Luigi Cherubini)とコンサートを行う他、12月4日と5日にはマッシモ劇場管弦楽団を指揮する。

話題の中心は、ムーティがマッシモ劇場管を50年ぶりに指揮すること。前回は1970年10月に指揮しており、この時はマウリツィオ・ポリーニと共演した。ムーティは1967年にグィード・カンテッリ・コンクールで優勝、1969年にはフィレンツェ五月音楽祭歌劇場の音楽監督に抜擢されている。

一方のポリーニも、国際的な演奏活動への復帰を始めたばかりの頃。ポリーニは1960年の第6回ショパン国際ピアノ・コンクール優勝してから10年近く華々しい活動からは距離をおいていた。二人はムーティがポリーニの1歳上で政治的な立場は違うが、その後も息長く共演を続けている。

今回、ムーティがケルビーニ管で指揮するのは、シューベルトの交響曲第3番、ドボルザークの交響曲第9番《新世界より》。一方、マッシモ劇場管では、ヴェルディのレクイエムを指揮する。ソリストは、ジョイス・エル=コーリー、マルティナ・ベッリ、サイミール・ピルグ、リッカルド・ザネッラートという布陣。

写真:Chicago Symphony Orchestra


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  2. 香港発 〓 コンサートホールなどまた閉鎖、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  3. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  4. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  5. 東京発 〓 ワシントン・ナショナル響が日本公演を中止

  6. 訃報 〓 服部克久, 日本の作曲家

  7. ソウル発 〓 オスモ・ヴァンスカがソウル市立響の首席指揮者を退任

  8. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  9. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  10. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  11. ウェリントン発 〓 ニュージーランド響の次期首席指揮者にジェンマ・ニュー

  12. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが5月のボリショイ・バレエ団の公演をキャンセル

  13. パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

  14. ブダペスト発 〓 ブダペスト祝祭管弦楽団が新型コロナウイルスの犠牲者を追悼する演奏会でモーツァルトのレクイエム

  15. ロンドン発 〓 ソプラノのヨンチェヴァがウィグモアホールへの出演をツイッターで訂正

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。