訃報 〓 韓中傑(97)中国の指揮者

2018/04/04
【最終更新日】2023/02/06

中国音楽界の最長老で指揮者の韓中傑(Han Zhongjie)が3日、北京市内の305病院で亡くなった。97歳だった。戦後の中国のクラシック音楽界の草分けの一人。米中国交回復後の1980年に訪米してボストン交響楽団を指揮、米国のオーケストラを指揮した最初の中国人としても知られる。

韓は1920年、上海の生まれ。上海市のオーケストラでフルート奏者を振り出しに音楽界に入り、重慶に創設された中国交響楽団の首席フルート奏者に就任。戦後1951年には東ベルリンで行われた第3回「世界青年祭」に中国代表団の一人として参加した。

1954年、中央歌舞団を指揮して指揮者デビュー。翌年、ワルシャワで開かれた第5回「世界青年祭」に中国青年オーケストラを率いて客演、ヨーロッパで初めて中国のオーケストラの演奏を実現させた。さらに翌年、中国最初の国立オーケストラとして中央楽団が創設されると、レニングラード音楽院に留学。帰国後の1961年に中央楽団を指揮して、ベルリオーズの幻想交響曲の中国初演を成功させた。

1966年に文化大革命が始まると、西洋音楽の演奏は禁止され、音楽家は「走資派」として批判を受ける事態に。韓は中央バレエ団などを指揮して、もっぱら「紅色娘子軍=こうしょくじょうしぐん」などの革命歌劇を指揮。それらを引っ提げて、アルバニア、ルーマニア、旧ユーゴスラビアなどを巡業した。

中央楽団への復帰は文化大革命が収束した1976年。しかし、クラシック音楽の演奏会が普通に開かれるまでにはなお10年ほど必要で、その間は、指揮者の李徳倫(り・とくりん、1917∼2001)、作曲家の呉祖強(ご・そきょう、1927-2022)ら、ソ連留学組を中心に演奏団体の復活、音楽家の復帰、育成に奔走した。

改革開放政策が軌道に乗り始めた1980年代後半になって指揮活動を本格化させた。中央楽団が1996年に中国国家交響楽団に改組されると、顧問に就任。2010年には90歳を祝うコンサートが北京で行われ、弟子の指揮者たちに混じり、車椅子に座ってオーケストラを指揮、元気な姿を見せていた。

写真:


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ワーグナーの曽孫エヴァ・ワーグナー=パスキエ、イザール川で仮死状況で発見されるも昏睡状態

  2. 訃報 〓 アンナー・ビルスマ(85)オランダのチェロ奏者

  3. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス(90)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  4. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  5. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  6. オビエド発 〓 スペインのアストゥリアス公国州響の音楽監督にポルトガルの指揮者ヌーノ・コエーリョ

  7. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  8. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2023」を発表

  9. 東京発 〓 NHK交響楽団が次期首席指揮者にファビオ・ルイージ

  10. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  11. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  12. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 ガリシア王立フィルハーモニーの次期芸術監督にバルドゥア・ブレニマン

  13. 訃報 〓 マイケル・トゥリー(84)米国のヴィオラ奏者

  14. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで中川優芽花が優勝

  15. マンチェスター発 〓 英国のハレ管弦楽団が新しい指揮者コンクール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。