訃報 〓 中国音楽界の最長老、指揮者の韓中傑が死去

2018/04/04
【最終更新日】2018/04/11

中国音楽界の最長老で指揮者の韓中傑(Han Zhongjie)が3日、北京市内の305病院で亡くなった。97歳だった。戦前からフルート奏者として音楽活動を展開、中華人民共和国の成立後に指揮者となり、旧ソ連のレニングラード音楽院にも留学。帰国後は指揮活動のかたわら、オーケストラの育成、音楽教育に尽力した中国音楽界の草分けの一人。米中国交回復後の1980年に訪米してボストン交響楽団を指揮、米国のオーケストラを指揮した最初の中国人としても知られる。葬儀は9日、北京の八宝山革命公墓で行われる。

韓は1920年、上海の生まれ。上海市のオーケストラでフルート奏者を振り出しに音楽界に入り、重慶に創設された中国交響楽団の首席フルート奏者に就任。戦後1951年には東ベルリンで行われた第3回「世界青年祭」に中国代表団の一人として参加した。1954年、中央歌舞団を指揮して指揮者デビュー。翌年、ワルシャワで開かれた第5回「世界青年祭」に中国青年オーケストラを率いて客演、ヨーロッパで初めて中国のオーケストラの演奏を実現させた。さらに翌年、中国最初の国立オーケストラとして中央楽団が創設されると、レニングラード音楽院に留学。帰国後の1961年、中央楽団を指揮してベルリオーズの幻想交響曲の中国初演を成功させた。

1966年に文化大革命が始まると、西洋音楽の演奏は禁止され、音楽家は「走資派」として批判を受ける事態に。韓は中央バレエ団などを指揮して、もっぱら「紅色娘子軍=こうしょくじょうしぐん」などの革命歌劇を指揮。それらを引っ提げて、アルバニア、ルーマニア、旧ユーゴスラビアなどを巡業した。中央楽団への復帰は文化大革命が収束した1976年。しかし、クラシック音楽の演奏会が普通に開かれるまでにはなお10年ほど必要で、その間は、指揮者の李徳倫(り・とくりん、1917∼2001)、作曲家の呉祖強(ご・そきょう、1927 – )ら、ソ連留学組を中心に演奏団体の復活、音楽家の復帰、育成に奔走。改革開放政策が軌道に乗り始めた1980年代後半になって指揮活動を本格化させた。中央楽団が1996年に中国国家交響楽団に改組されると、顧問に就任。2010年には90歳を祝うコンサートが北京で行われ、弟子の指揮者たちに混じり、車椅子に座ってオーケストラを指揮、元気な姿を見せていた。

関連記事

  1. 横浜発 〓 神奈川県立音楽堂がリニューアル・オープン

  2. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール創設へ

  3. 訃報 〓 アーロン・ローザンド, 米国のヴァイオリニスト

  4. トリノ発 〓 ジェームズ・コンロンにイタリア共和国功労勲章「コンメンダトーレ」

  5. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  6. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  7. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  8. ハノーバー発 〓 第10回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」はカナダのティモシー・チョイ

  9. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  10. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. 香港発 〓 香港フィルがズヴェーデン指揮のマーラーを200ドルで

  12. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  13. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルとの契約延長

  14. モントルー・ヴヴェイ9月音楽祭 〓 アルゲリッチがデュトワに助け船

  15. プフォルツハイム発 〓 ダグラス・ボストックが南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団の首席指揮者に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。