コルマール発 〓 国際音楽祭の芸術監督にアラン・アルティノグリュ、創設者のスピヴァコフは退任

2022/10/26
【最終更新日】2022/11/24

フランスのコルマール国際音楽祭(Festival International de Colmar)が芸術監督にフランス人指揮者、アラン・アルティノグリュ(Alain Altinoglu)を迎えると発表した。1989年に音楽祭を起ち上げ、その後ずっと芸術監督として音楽祭を引っ張ってきたロシアのウラディーミル・スピヴァコフ(Vladimir Spivakov)の後任。

アルティノグリュは1975年、パリ生まれの47歳。イスタンブール出身のアルメニア系の家庭で育ち、パリ国立高等音楽院で学んだ後、指揮者としてデビュー。2014/2015年シーズンからベルギー・ブリュッセルのモネ劇場の、2020/2021シーズンからドイツのhr交響楽団(旧フランクフルト放送交響楽団)の音楽監督を務めている。

退任するスピヴァコフは、旧ソ連バシコルトスタン共和国の首都ウファ生まれの78歳。モスクワ音楽院でユーリー・ヤンケレヴィチに学び、旧ソ連を代表するヴァイオリニストの一人として活躍した後、指揮者に転身した。

その後、1979年に母校モスクワ音楽院の出身者たちとモスクワ・ヴィルトゥオーゾ室内管弦楽団を起ち上げ、現在まで芸術監督を務めている。また2003年から、プーチン政権肝いりで設立されたロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団(National Philharmonic of Russia)の芸術監督・首席指揮者を務めてきた。

この2月にロシアがウクライナに武力侵攻した直後、ボリショイ劇場のウラジーミル・ウリン総支配人が中心となって提出した「ウクライナでの特殊作戦」を止めるよう訴える請願書に書名、プーチン政権とは距離を置いていた。その後、活動が制限されているとされ、2022年の音楽祭は中止されている。音楽祭はアルティノグリュを迎え、仕切り直しといったところ。

写真:HR-Sinfonieorchester / Anna Meuer


  音楽祭プロフィールはこちら ▷

  音楽祭から生まれた銘盤 ▷


関連記事

  1. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  2. BBCプロムス 〓 最終日の「ルール・ブリタニア」などの歌詞なし演奏めぐり論争勃発

  3. パリ発 〓 フランスの劇場は4月の公演をキャンセル、文化大臣も新型コロナウイルスに感染

  4. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  5. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ネトレプコ主演の《トゥーランドット》はコンサート形式で

  6. モーツァルト週間 〓 音楽祭はオンライン開催へ

  7. パリ発 〓 パリ国立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  9. パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

  10. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  11. パリ発 〓 フランス政府が文化施設の閉鎖を5月19日に解除

  12. ザルツブルグ音楽祭 〓 音楽祭をストリーミング配信、第1弾は《エレクトラ》

  13. バイロイト音楽祭 〓 2021年のスケジュールを発表

  14. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  15. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。