ニューヨーク発 〓 米国のエンタメ・サイト、メトロポリタン歌劇場の次シーズンをスクープ !?

2022/02/21

米国のエンターテインメントのコミュニティ・サイト「ファンダム」がニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の2022/2023シーズンの公演ラインナップを掲載した。公式発表前のスクープかと、音楽界で話題を集めている。

記事によると、新顔の指揮者としては、ダンカン・ウォード、ケリー・リン・ウィルソン、ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン、ナタリー・シュトゥッツマンらがいる。新制作は以下の通り。


テレンス・ブランチャード《チャンピオン》
[演出]ジェームス・ロビンソン
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン
[出演]エリック・オーエンス / ライアン・スピード・グリーン / ラトニア・ムーア

モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
[演出]イヴォ・ヴァン・ホーヴェ
[指揮]ナタリー・シュトゥッツマン
[出演]ペーテル・マッテイ / フェデリカ・ロンバルディ / アナ・マリア・マルティネス / イン・ファン / ベン・ブリス / アダム・プラチェトカ / アルフレッド・ウォーカー / アレクサンダー・ツィンバリュク

ジョルダーノ《フェドーラ》
[演出]不明
[指揮]マルコ・アルミリアート
[出演]ソーニャ・ヨンチェヴァ / ローザ・フェオーラ / ピョートル・ベチャワ / アルトゥール・ルチンスキ

ケヴィン・プッツ《めぐりあう時間たち》
[演出]フェリム・マクダーモット
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン
[出演]ジョイス・ディドナート / ルネ・フレミング / ケリー・オハラ / カイル・ケテルセン / ショーン・パニカー / ブランドン・セデル / ウィリアム・バーデン

ワーグナー《ローエングリン》
[演出]フランソワ・ジラール
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン
[出演]ピョートル・ベチャワ / クリスティーン・ガーキー / タマラ・ウィルソン / エフゲニー・ニキティン / ブライアン マリガン / ギュンター・グロイスベック

ケルビーニ《メデア》
[演出]デイヴィッド・マクヴィカー
[指揮]カルロ・リッツィ
[出演]ソンドラ・ラドヴァノフスキー / ジャナイ・ブルガー / / エカテリーナ・グバノヴァ / マシュー・ポレンザーニ / ミケーレ・ペルトゥージ

モーツァルト《魔笛》
[演出]サイモン・マクバーニー
[指揮]ナタリー・シュトゥッツマン
[出演]ローレンス・ブラウンリー / エリン・モーリー / キャスリン・ルイック / トーマス・オリーマンス / アラン・ヘルド / シュテファン・ミリング / ブレントン・ライアン

写真:Oliver Killig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボストン発 〓 ボストン響が音楽監督のネルソンスと期限なしの契約更改

  2. ミュンヘン発 〓 ザクセン州立オペラに続いてバイエルン州立オペラも公演をキャンセル、新型コロナの感染者急増で

  3. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  4. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルの音楽監督にクシシュトフ・ウルバンスキ

  5. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  6. ミュンヘン発 〓 補償の必要ないとミュンヘン市政府の法律顧問、ゲルギエフ解任で

  7. 訃報 〓 ヴォロディミル・コジュハーリ(82)ウクライナの指揮者

  8. アムステルダム発 〓 ミラノ響のコンサートで気候変動活動家が抗議の叫び、演奏が中断

  9. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

  10. オスロ発 〓 ノルウェーの「ソニヤ王妃国際声楽コンクール」がロシア、ベラルーシからの参加認めず

  11. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  12. パリ発 〓 国立オペラが演奏会形式で《ニーベルングの指環》4部作を通し上演

  13. 東京発 〓 東京交響楽団のコンサートマスターに小林壱成

  14. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  15. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が音楽監督のジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。