ニューヨーク発 〓 米国のエンタメ・サイト、メトロポリタン歌劇場の次シーズンをスクープ !?

2022/02/21

米国のエンターテインメントのコミュニティ・サイト「ファンダム」がニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の2022/2023シーズンの公演ラインナップを掲載した。公式発表前のスクープかと、音楽界で話題を集めている。

記事によると、新顔の指揮者としては、ダンカン・ウォード、ケリー・リン・ウィルソン、ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン、ナタリー・シュトゥッツマンらがいる。新制作は以下の通り。


テレンス・ブランチャード《チャンピオン》
[演出]ジェームス・ロビンソン
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン
[出演]エリック・オーエンス / ライアン・スピード・グリーン / ラトニア・ムーア

モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
[演出]イヴォ・ヴァン・ホーヴェ
[指揮]ナタリー・シュトゥッツマン
[出演]ペーテル・マッテイ / フェデリカ・ロンバルディ / アナ・マリア・マルティネス / イン・ファン / ベン・ブリス / アダム・プラチェトカ / アルフレッド・ウォーカー / アレクサンダー・ツィンバリュク

ジョルダーノ《フェドーラ》
[演出]不明
[指揮]マルコ・アルミリアート
[出演]ソーニャ・ヨンチェヴァ / ローザ・フェオーラ / ピョートル・ベチャワ / アルトゥール・ルチンスキ

ケヴィン・プッツ《めぐりあう時間たち》
[演出]フェリム・マクダーモット
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン
[出演]ジョイス・ディドナート / ルネ・フレミング / ケリー・オハラ / カイル・ケテルセン / ショーン・パニカー / ブランドン・セデル / ウィリアム・バーデン

ワーグナー《ローエングリン》
[演出]フランソワ・ジラール
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン
[出演]ピョートル・ベチャワ / クリスティーン・ガーキー / タマラ・ウィルソン / エフゲニー・ニキティン / ブライアン マリガン / ギュンター・グロイスベック

ケルビーニ《メデア》
[演出]デイヴィッド・マクヴィカー
[指揮]カルロ・リッツィ
[出演]ソンドラ・ラドヴァノフスキー / ジャナイ・ブルガー / / エカテリーナ・グバノヴァ / マシュー・ポレンザーニ / ミケーレ・ペルトゥージ

モーツァルト《魔笛》
[演出]サイモン・マクバーニー
[指揮]ナタリー・シュトゥッツマン
[出演]ローレンス・ブラウンリー / エリン・モーリー / キャスリン・ルイック / トーマス・オリーマンス / アラン・ヘルド / シュテファン・ミリング / ブレントン・ライアン

写真:Oliver Killig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 バレンボイムが体調崩してウィーン・フィルのコンサートをキャンセル、指揮の代役はコンサート・マスターのフォルクハルト・シュトイデ

  2. ミュンヘン発 〓 ワーグナーの曽孫エヴァ・ワーグナー=パスキエ、イザール川で仮死状況で発見されるも昏睡状態

  3. ロッテルダム発 〓 フィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキがロッテルダム・フィルの常任客演指揮者に

  4. コペンハーゲン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがコペンハーゲン・フィルの名誉客演指揮者に

  5. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  6. ヴェルビエ発 〓 ゲルギエフがヴェルビエ音楽祭オーケストラの音楽監督を辞任

  7. ニューヨーク発 〓 音楽マネージメント大手コロンビア・アーティスツが経営破綻

  8. ソウル発 〓 ヤープ・ファン・ズヴェーデンがソウル市立響の音楽監督に

  9. 訃報 〓 ルイス・デ・パブロ, スペインの作曲家

  10. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立歌劇場が新制作の《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め、ロシアのウクライナ侵略で

  11. パンプローナ発 〓 ナヴァラ響の次期首席指揮者に香港出身のペリー・ソー

  12. ラヴィニア音楽祭 〓 マリン・オールソップが音楽祭の首席指揮者に就任

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  14. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  15. ドルトムント発 〓 市立オペラがガブリエル・フェルツとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。