アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

2020/10/24

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)がイヴァン・フィッシャー(Iván Fischer)を名誉指揮者に迎えることになった。任期は2021/2022シーズンから。シーズンごとに2〜3週間の時間を割くことになるという。

名誉指揮者は現在、ベルナルト・ハイティンク、リッカルド・シャイーの二人。1987年のデビュー以来、フィッシャーは毎年のようにロイヤル・コンセルトヘボウ管に客演、2013年から2014年にかけての演奏会の模様を収録したベートーヴェンの交響曲全集をリリースするなど関係は深い。

フィッシャーはハンガリーのブダペスト生まれの69歳。ユダヤ系ハンガリー人で、父シャーンドル、兄アダムも指揮者。1983年にブダペスト祝祭管弦楽団を設立、現在も音楽監督を務め、ハンガリーを代表する指揮者の一人。2012年から2018年まで、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の首席指揮者も務めた。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団管は2018年8月、セクシャル・ハラスメント疑惑が浮上した首席指揮者のダニエレ・ガッティを電撃解任。以後、首席指揮者のポストは空席になっている。

写真:Royal Concertgebouw Orchestra


関連記事

  1. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  2. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  3. 香港発 〓 ホンコン・アート・フェスティバルが中止を発表

  4. 訃報 〓 ネッロ・サンティ, イタリアの指揮者

  5. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  6. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  7. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  8. 訃報 〓 アレクサンドル・ブズロフ, ロシアのチェロ奏者

  9. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  10. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョのトップ3が相次いで辞任

  11. 東京発 〓 新国立劇場が「巣ごもりシアター」第4弾のラインナップ発表

  12. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  13. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  14. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  15. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。