アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

2020/10/24

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(Royal Concertgebouw Orchestra)がイヴァン・フィッシャー(Iván Fischer)を名誉指揮者に迎えることになった。任期は2021/2022シーズンから。シーズンごとに2〜3週間の時間を割くことになるという。

名誉指揮者は現在、ベルナルト・ハイティンク、リッカルド・シャイーの二人。1987年のデビュー以来、フィッシャーは毎年のようにロイヤル・コンセルトヘボウ管に客演、2013年から2014年にかけての演奏会の模様を収録したベートーヴェンの交響曲全集をリリースするなど関係は深い。

フィッシャーはハンガリーのブダペスト生まれの69歳。ユダヤ系ハンガリー人で、父シャーンドル、兄アダムも指揮者。1983年にブダペスト祝祭管弦楽団を設立、現在も音楽監督を務め、ハンガリーを代表する指揮者の一人。2012年から2018年まで、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の首席指揮者も務めた。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団管は2018年8月、セクシャル・ハラスメント疑惑が浮上した首席指揮者のダニエレ・ガッティを電撃解任。以後、首席指揮者のポストは空席になっている。

写真:Royal Concertgebouw Orchestra


関連記事

  1. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  2. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

  3. クレルモン=フェラン発 〓 フランス国立オーベルニュ管弦楽団の次期音楽監督にトマス・ツェートマイアー

  4. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  5. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  6. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  7. 訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ, ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  8. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  9. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団が中国公演を中止

  10. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン, 米国のソプラノ歌手

  11. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  12. マドリッド発 〓 スペイン政府が非常事態を再度宣言、夜間外出禁止

  13. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ, イタリアの作曲家

  14. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  15. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。