ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭が公演ラインナップを発表、山田和樹も指揮台に

2023/01/25

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭が2023年の公演ラインナップを発表した。音楽祭の芸術監督はメゾ・ソプラノ歌手のチェチーリア・バルトリが2012年から務めており(任期は2026年まである)、発表によると、2023年は5月26日から29日の開催。

2023年の音楽祭は「オルフェオ」がテーマ。それに合わせ、グルック《オルフェオとエウリディーチェ》のイタリア語版とフランス語版、モンテヴェルディ《オルフェオ》、ハイドン《哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ》の4作品が上演される。

新制作のイタリア語版の《オルフェオとエウリディーチェ》はクリストフ・ロイの演出で、バルトリ自らが出演。ジャンルカ・カプアーノ指揮、クリストフ・ロイの演出で、メリッサ・プティ、マディソン・ノノアらが共演する。これは夏の音楽祭でも上演されることが決まっている。

また、フランス語版は山田和樹がカメラータ・ザルツブルグを指揮。こちらはバレエの要素を強く打ち出しており、演出・振付をバレエ界の大御所のジョン・ノイマイヤーが担当。彼が率いるハンブルク・バレエ団のエドウィン・レヴァツォフ、アンナ・ラウデールというプリンシパルらが出演する。

一方、モンテヴェルディは人形劇として上演され、ハイドンは演奏会形式による上演。バルトリに加え、トーマス・ハンプソン、ローランド・ビリャソン、メリッサ・プティが顔を揃える。

シーズンの最後を飾るのは、指揮者ダニエル・バレンボイムの80歳を祝う音楽会。バルトリ以下、マルタ・アルゲリッチ、ラン・ラン、ソーニャ・ヨンチェヴァ、プラシド・ドミンゴ、ヴィラゾンらが顔を揃え、ズービン・メータ指揮がフィレンツェ歌劇場管弦楽団を指揮する。

写真:Salzburger Festspiele / Fabrice Demessence

  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  2. ルツェルン発 〓 ルツェルン音楽祭が秋のイベント「ベートーベン・別れ」をキャンセル

  3. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. 訃報 〓 レナーテ・ホルム, オーストリアのソプラノ歌手

  5. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  7. ウィーン発 〓 オーストリア政府がロックダウンを24日まで延長

  8. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  9. オールドバラ発 〓 ついにオールドバラ音楽祭も中止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  10. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  11. リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が中止を発表。ロシアのウクライナ武力侵攻、ゲルギエフ絡みで

  12. ヴェローナ音楽祭 〓 2021年のスケジュールを発表、ムーティが《アイーダ》150周年公演を指揮

  13. ウィーン発 〓 ティーレマン、2024年からスカラ座の《ニーベルングの指環》を指揮

  14. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  15. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。