ラ・コート=サンタンドレ発 〓 指揮者のガーディナーが公演に出演した歌手に暴行、謝罪

2023/08/25

80歳を迎えた英国指揮者界の重鎮ジョン・エリオット・ガーディナー(John Eliot Gardiner)が暴力事件を起こし、謝罪声明を出すという事態に陥っている。英国などでの報道によると、ガーディナーは自分のコンサートに出演していた歌手が間違った側から退場したことに激怒、罵倒して殴打したという。

事件が起きたのは22日の夜。ガーディナーは手兵のモンテヴェルディ合唱団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティックを率いてフランスのラ・コート=サンタンドレで行われているベルリオーズ音楽祭の開幕公演に客演、オペラ《トロイ人》を指揮していた。

その第1幕終了後、プリアム役で出演していた28歳のバス歌手ウィリアム・トーマスが予定とは違った扉から退場。それにガーディナーは激怒し、舞台裏で出演者たちの前でトーマスを叱責、顔を平手打ちしたという。さらに公演後、翌日の公演をアシスタント指揮者のディニス・スーザに託し、英国に帰国してしまったという。

ガーディナーの代理人は当初、22日の出来事について「極度の暑さに悩まされていたことに加え、最近服用していた薬が変わったために起こった可能性がある」と釈明。しかし、翌日になってガーディナー本人が「この事件を深く反省している。私の行動を正当化することはできませんし、私が最も尊敬しているウィル・トーマスにも個人的に謝罪しました」という声明を出して謝罪した。

また、ベルリオーズ音楽祭後のザルツブルク音楽祭(26日)、ヴェルサイユ音楽祭(29日)、ベルリン音楽祭(9月1日)、BBCプロムス(3日)の公演からの降板を表明。「自分の行動を反省する時間が必要ですので、ご理解とご容赦をお願いします。スーザとすべての音楽家たちがツアーの残りのコンサートで大成功を収めることを祈っています」と述べている。

写真:Chris Christodoulou


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. シンシナティ発 〓 シンシナティ・オペラがサマーフェスティバルのスケジュールを発表

  2. ザルツブルク発 〓 ベルリン・フィルがザルツブルク復活祭音楽祭のレジデント・オーケストラに復帰

  3. パリ発 〓 指揮者のクリスティアン・マチェラルがフランス国立管との契約を延長

  4. モンペリエ発 〓 モンペリエ=オクシタニー国立管の音楽監督にロデリック・コックス

  5. パリ発 〓 医療従事者の写真をバスティーユ歌劇場の壁面に、パリ国立オペラ

  6. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  7. 大津発 〓 滋賀県立芸術劇場「びわ湖ホール」のゴールデン・ウィークは「近江の春 – びわ湖クラシック音楽祭」から「びわ湖の春音楽祭」に

  8. ラヴィニア音楽祭 〓 マリン・オールソップが音楽祭の首席指揮者に就任

  9. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  10. マルセイユ発 〓 マルセイユ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  11. トゥール発 〓 サントル=ヴァル・ド・ロワール交響楽団の首席客演指揮者にベネズエラの女流指揮者グラス・マルカーノ

  12. ボルドー発 〓 ボルドー・アキテーヌ国立管の音楽監督にジョセフ・スヴェンセン

  13. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2022年の音楽祭スケジュールを発表

  14. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  15. パリ発 〓 ピアニストの亀井聖矢、「ロン=ティボー国際音楽コンクール」で韓国のイ・ヒョクと第1位を分け合う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。