訃報 〓 ヴィルジニア・ゼアーニ(97)ルーマニア出身のソプラノ歌手

2023/03/22

ルーマニア出身のソプラノ歌手ヴィルジニア・ゼアーニ(Virginia Zeani)が20日、米国のフロリダで亡くなった。97歳だった。1950-80年代に国際的に活躍、中でもヴェルディ《椿姫》のヴィオレッタ役が当たり役で、生涯に650回近く歌っている。引退後は米国で数多くの名歌手を育てた。

ルーマニア西部ソロバストルの生まれで、ヴィルジニア・ゼハン(Zehan)。幼い頃から合唱団で歌い、ブカレストで学んだ後、第二次世界大戦後になってイタリアに移住、ミラノで指揮者アントニオ・ナルドゥッチとテノール歌手アウレリアーノ・ペルティーレに師事した。

1948年、ボローニャ歌劇場でマルゲリータ・カロージオの代役としてヴィオレッタ役を歌ってオペラ・デビュー。1952年には、フィレンツェ歌劇場でマリア・カラスの代役に立ち、ベッリーニ《清教徒》のエルヴィーラ役を歌って注目を浴びた。

その後、著名な歌劇場を席巻。1956年にはミラノ・スカラ座のヘンデル《ジュリアス・シーザー》でクレオパトラ役を演じ、そこで共演したトルコ出身のイタリア系バス歌手のニコラ・ロッシ=レメーニと翌年に結婚した。1991年に夫が亡くなるまでおしどり夫妻として知られた。

レパートリーは幅広く、ヴェルディ、プッチーニ、ジョルダーノ、オッフェンバック、ロッシーニ、ドニゼッティ、プーランクまで70近い役柄を歌っている。1957年1月にミラノ・スカラ座で行われたプーランクの《カルメル派修道女の対話》の世界初演にも加わり、ブランシュ・ド・ラ・フォルス役を歌っている。

オペラ出演からの引退は1982年。サンフランシスコ・オペラの《カルメル派修道女の対話》が最後の舞台となった。その後、米国で後進の指導に当たり、アンジェラ・ブラウン、ニコール・シュヴァリエ、ヴィヴィカ・ジェノー、シルヴィア・マクネアー、アイリン・ペレスなどを育てた。

写真:Virginia Zeani





関連記事

  1. 訃報 〓 アンドレ・プレヴィン(89)米国の指揮者・作曲家・ピアニスト

  2. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  3. 訃報 〓 ドミニク・アルジェント(91)米国の作曲家

  4. 訃報 〓 カミラ・ウィックス(92)米国のヴァイオリン奏者

  5. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  6. 訃報 〓 ロバート・マン(97)米国のヴァイオリニスト、ジュリアード弦楽四重奏団の創設メンバー

  7. 訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン(83)米国のバレリーナ

  8. デトロイト発 〓 デトロイト響が音楽監督のヤデル・ビニャミーニとの契約を延長

  9. バイロン・ジャニス(85)米国のピアニスト

  10. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  11. 訃報 〓 レナータ・スコット(89)イタリアのソプラノ歌手

  12. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  13. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー(69)英国の指揮者

  14. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響の首席指揮者にマティアス・ピンチャー

  15. ワシントン発 〓 クリスティーン・ゴーキーにフランス政府の芸術文化勲章シュヴァリエ章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。