札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

2020/02/05

札幌交響楽団(Sapporo Symphony Orchestra)の首席指揮者を務めているマティアス・バーメルト(Matthias Bamert)がオーケストラとの契約を延長した。バーメルトは2018年4月から、マックス・ポンマーの後を受けて首席指揮者を務めている。契約の延長で、任期は2024年まで伸びる。バーメルトは1942年、スイスのエアジーゲン生まれの77歳。1987年以降はロンドンを拠点に活動している。

バーメルトはこれまでにバーゼル放送交響楽団、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズの首席指揮者(1992-2000)、西オーストラリア交響楽団、マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団など、数多くの音楽監督、首席指揮者を歴任。グラスゴーの現代音楽祭「ムジカ・ノヴァ」やスイス・ルツェルン音楽祭の監督など、プロデューサー的な仕事でもその名が高い。

写真:Sarperi Artists Management

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  2. ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

  3. 訃報 〓 レオン・フライシャー, 米国のピアニスト

  4. サンクト・ペテルブルク発 〓 ミハイロフスキー劇場の音楽監督にアレヴティナ・ヨッフェ、ロシア初の女性音楽監督

  5. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  6. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  7. モントリオール発 〓 モントリオール響がロシアの若手ピアニストの出演をキャンセル、ウクライナ・コミュニティーと楽団員の反発で

  8. ミュンヘン発 〓 ソプラノのディアナ・ダムラウに「ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章」

  9. ドレスデン発 〓 聖十字架合唱団の第29代「クロイツカントル」にマーティン・レーマン

  10. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  11. 訃報 〓 ガブリエル・バキエ, フランスのバリトン歌手

  12. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  13. 訃報 〓 ジュゼッペ・ジャコミーニ, イタリアのテノール歌手

  14. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  15. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ, イタリアのテノール歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。