トランス=シベリア芸術祭
Транссибирский Арт Фестиваль

[開催都市]
 Novosibirsk … Russia
 ノボシビルスク … ロシア

[開催時期]
 2024:3.20 … 3.23


  音楽祭のサイトへ ▷


「新しいシベリアの街」を意味するノヴォシビルスクは、オビ川に沿いに発展したロシア・シベリアの中心的都市。東方開拓のため19世紀末に建設が始まった街は、2017年に人口が160万人を突破、ロシア第3の都市として発展が続いている。この街は、ワデム・レーピンとマキシム・ベンゲロフという二人の国際的なヴァイオリニストを生んだ。

この音楽祭は3つ年上のレーピンが2014年に創設したもの。17歳で1989年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝し、弱冠17歳で国際舞台に華々しくデビューしたレーピンも、国際的な活躍を積み重ねていまは40代後半、既に巨匠の風格も漂う。もちろん、ボリショイ・バレエ団のプリマで夫人のスヴェトラーナ・ザハーロワの全面協力も受け、2016年、2017年と日本公演も実現させるなど、ロシアの芸術祭の中でも急速にその存在感を高めてきた。

主会場になるのは、1956年にノヴォシビルスク・フィルハーモニー管弦楽団を起ち上げ、2007年に亡くなるまで長くその芸術監督を務めた功労者アルノルト・カッツの名を戴いたホール。そのホールを拠点にしながら、公演はつくば研究学園都市のモデルとなった郊外の科学研究都市「アカデムゴロドク」の他、シベリアの諸都市でも行われており、モスクワとサンクト・ペテルブルクでの公演もある。

関連記事

  1. ラ・フォル・ジュルネ TOKYO
    La Folle Journée TOKYO

  2. アリリェ芸術祭
    АРЛЕММ

  3. リーズ・オペラ・フェスティバル
    Leeds Opera Festival

  4. 運河フェスティバル
    Grachtenfestival

  5. ペララーダ城フェスティバル
    Festival Castell de Peralada

  6. リガ秋の室内楽フェスティバル
    Rudens kamermūzikas Festivals

  7. リエパーヤ国際スター音楽祭
    Liepājas Starptautisko Zvaigžņu Festivālu

  8. クノック・ヘイスト音楽祭
    Klassiek Leeft Meesterlijk

  9. ライデール・フェスティバル
    Ryedale Festival

  10. ボースタッド室内楽音楽祭
    Båstad Kammarmusikfestival

  11. ミノア・パレス音楽祭
    Minoa Palace Chamber Music Festival

  12. シンフォニック・ミドルイースト
    Symphonic Middle East

  13. エンガディン音楽祭
    Engadin Festival

  14. ヒッツアッカー音楽週間
    Musikwoche Hitzacker

  15. バンスコ・オペラ・フェスト
    Банско Опера Фест