文 ■ 松本學

ヨーロッパの東西を分かつように流れるエルベ川。チェコから始まるこの大河が国境を越え、ドイツ領内に入るとザクセン州。程なくして州都ドレスデンに達する。ドレスデンといえば、第2次大戦末期の集中爆撃でほぼ壊滅状態となったものの、市民たちの献身的な復興作業で見事によみがえり、現在では観光名所としても名高い都市のひとつだ。一方、クラシック音楽ファンにとっては、ゼンパーオーパー(ザクセン州立歌劇場)やドレスデン・フィル、聖十字架合唱団などが顔を揃えるこの街は、ドイツ東部最大の音楽都市としても有名だ。そのため、この音楽の都には年間を通じ世界中からオペラやクラシック音楽ファンが集まるが、中でも名物となっているのが、毎年5、6月に開催されるドレスデン音楽祭である。