マグデブルク・テレマン音楽祭 | Magdeburger Telemann-Festtage

[開催都市]Magdeburg … Germany | マグデブルク … ドイツ
[開催時期]2018:3.9 … 3.18

    音楽祭のサイトへ ▶

18世紀前半のドイツ バロック音楽について語られる時、教会中心に活躍していたヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685 – 1750)、そして、ロンドンに渡ってオペラで成功したゲオルグ・フレデリック・ヘンデル(1685 – 1759)という同じ年に生まれた作曲家二人にばかり光が当たる。しかし当時、最も人気のあった作曲家は、実はゲオルク・フィリップ・テレマン(1681- 1767)だ。彼は、マグデブルクのプロテスタント牧師の家の生まれ。12歳でオペラを作曲するなど早熟で、アイデア豊富な彼は、その後も各地で成功を積み重ね、40歳だった1721年にハンブルクの音楽監督に就任する。そして、それから亡くなるまでの46年間、自由ハンザ都市として活況を呈していたこの街を舞台に、作曲、興業、自分の作品の出版に大活躍した。1722年、ライプチヒは聖トーマス教会の「カペルマイスター=楽長」の後任にテレマンを迎えようとして相手にされなかった。それで「中位の音楽家で我慢せねば」と招かれたのがBachだ。テレマンがいかに大物だったか、それがよく伝わってくる話だ。その生地で行われている音楽祭は2年に一度の開催。マグデブルクはドイツの北東部、ベルリンとハノーファーのほぼ中間に位置する人口約23万の街で、東独時代に前身の音楽祭が創設され、1992年に現在の体制、スタイルになった。テレマンの誕生日の3月14日前後に開幕、客席800弱のマグデブルク歌劇場でオペラが上演される他、市内各地でさまざまなコンサートが行われる。普段あまり聴く機会のない作品が取り上げられる貴重な機会でもある。

関連記事

  1. サン=ドニ音楽祭 | Festival de Saint-Denis

  2. アスコーナ音楽週間 | Le Settimane Musicali – Ascona

  3. アルデン・ビーゼン城オペラ | Zomeropera Alden Biesen

  4. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 | Richard Strauss Festival

  5. クフモ室内楽音楽祭 | Kuhmon Kamarimusiikki

  6. ヴァルナの夏 | Варненско лято