リヒャルト・シュトラウス音楽祭 | Richard Strauss Tage Garmisch-Partenkirchen

[開催都市]Garmisch-Partenkirchen … Germany
      ガルミッシュ=パルテンキルヒェン … ドイツ
[開催時期]2021:6.24 … 6.27

    音楽祭のサイトへ ▷


ガルミッシュ=パルテンキルヒェンはオーストリアとの国境に近い街。約80キロ北東にミュンヘン、約35キロ南東にオーストリアのインスブルックという位置関係にある。1936年に冬季オリンピックが行われたことで知られる。

オペラ《サロメ》や《薔薇の騎士》、《ツァラトゥストラかく語りき》や《英雄の生涯》といったオーケストラ曲で知られる作曲家のリヒャルト・シュトラウス(1864-1949)は1908年にこの街にある別荘に居を移し、以後40年近くを過ごし、別荘で多くの作品が生まれた。

音楽祭は1989年、作曲家の没後40年を記念して創設されたもの。当時、バイエルン州立歌劇場の総監督を務めていた演出家のアウグスト・エバーディングが創設に尽力。歌劇場の音楽総監督を務めていたヴォルフガング・サヴァリッシュが初代の芸術監督に就任した。

2009年からはソプラノ歌手から演出家に転身していたブリギッテ・ファスベンダーを芸術監督に迎え、リヒャルト・シュトラウス研究所も運営に参画。会期中にコンクールも行われるようになり、市内のホール「アルプスピッツハレ」などで大規模なオーケストラ・コンサートなども開かれるようになった。

2018年には、ポーランド国立放送交響楽団やプラハ放送交響楽団の首席指揮者兼芸術監督を務めるドイツの指揮者アレクサンダー・リープライヒが第3代の芸術監督に就任。規模も拡大され、エタール修道院の中庭での野外コンサートやツークシュピッツェ山頂駅でもコンサートが行われるようになっている。

関連記事

  1. 新作オペラFLASH 2019-2020[フランクフルト歌劇場]タメルラーノ

  2. 新作オペラFLASH 2020/21[フランクフルト市立オペラ]カルメル派修道女の対話

  3. モーリッツブルク音楽祭 | Moritzburg Festival

  4. モレリャ古楽祭 | Early Music Morella

  5. 新作オペラFLASH 2021/2022[シュトゥットガルト州立オペラ]ルクルスの断罪

  6. ツィナンダリ音楽祭 | წინანდლის ფესტივალი

  7. サスタマラ・グレゴリアナ | Sastamala Gregoriana

  8. 新作オペラFLASH 2019-2020[フランクフルト歌劇場]新聞

  9. フェスティバル・ヴィチェンツァ・イン・リリカ | Festival Vicenza in Lirica

  10. オリンピック音楽祭 | Olympic Music Festival

  11. ルートヴィヒスブルク音楽祭 | Ludwigsburger Schlossfestspiele

  12. ラヴィニア音楽祭 | Ravinia Festival

  13. クルジュ音楽祭 | Toamna Muzicală Clujeană

  14. イッリカ・フェスティバル | Festival Illica di Castell’Arquato

  15. 新作オペラFLASH ★ バイエルン州立オペラ … 西部の娘