ブザンソン告別リサイタル1950 … リパッティ

33歳の若さで夭逝したルーマニアのピアニスト、ディヌ・リパッティ(1917 – 1950)。その短い生涯の最後、彼は医師の中止勧告を振り切ってフランス・ブザンソン音楽祭に出演した。当時、彼は悪性リンパ腫の末期にあった。後に妻が「まるでゴルゴダの丘に向かうイエス・キリストのようだった」と回想したほど体調は悪化していた。実際、ショパンのワルツを演奏している途中で体調が悪くなり、いったん控え室に戻って注射をしてもらってステージに戻ったというエピソードも伝えられている。プログラムはショパンのワルツ、モーツァルトのイ短調ソナタなど、いずれも彼が得意とした曲ばかり。一方、この日の聴衆も、彼の余命があといくばくもないことを知っている人ばかり。嫌が応にも緊張感に満ちた会場で、リパッティは瀕死の病人の演奏とは思えない、死を目前にした人間だけが奏でられる、鬼気迫る演奏を続けていく。しかし、透明感のある音色、凛々しさにあふれた詩情はやはり、リパッティの音楽そのもの。どこか高貴なイメージを纏い、聞く者に感銘を与える。それから2ヶ月後、彼は天に召された。

 ……… 収録曲
 CD1
 ・バッハ:パルティータ第1番変ロ長調 BWV.825
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310
 ・シューベルト:即興曲第3番変ト長調 D.899-3
 ・シューベルト:即興曲第2番変ホ長調 D.899-2
 ・ショパン:ワルツ第5番変イ長調 作品42《大円舞曲》
 ・ショパン:ワルツ第6番変ニ長調 作品64-1《小犬のワルツ》
 ・ショパン:ワルツ第9番変イ長調 作品69-1《別れのワルツ》
 ・ショパン:ワルツ第7番嬰ハ短調 作品64-2
 ・ショパン:ワルツ第11番変ト長調 作品70-1
 ・ショパン:ワルツ第10番ロ短調 作品69-2
 ・ショパン:ワルツ第14番ホ短調 遺作
 ・ショパン:ワルツ第3番イ短調 作品34-2《華麗なる円舞曲》
 ・ショパン:ワルツ第4番ヘ長調 作品34-3《華麗なる円舞曲》
 ・ショパン:ワルツ第12番ヘ短調 作品70-2
 ・ショパン:ワルツ第13番変ニ長調 作品70-3
 ・ショパン:ワルツ第8番変イ長調 作品64-3
 ・ショパン:ワルツ第1番変ホ長調 作品18《華麗なる大円舞曲》

 ……… 演奏
 ディヌ・リパッティ(ピアノ)

アルバムを探す ▶ 音楽祭情報はこちら ▶


関連記事

  1. マルタ・アルゲリッチ&フレンズ … ライヴ・フロム・ルガーノ2016

  2. クーベリック&チェコ・フィル《我が祖国》 … プラハの春1990

  3. モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第25番 … アルゲリッチ、アバド&モーツァルト管弦楽団

  4. ワイセンベルク名演集 … ザルツブルク音楽祭ライヴ1972

  5. ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル … ベルゲン・ライヴ 2