新作オペラFLASH ★ ベルリン州立歌劇場 … メデア

ケルビーニ:メデア
10月7日 … ベルリン州立歌劇場, ベルリン

演出 … アンドレア・ブレス
出演 … ソーニャ・ヨンチェヴァ = メデア / チャールズ・カストロノーヴォ = ジャゾーネ / イアン・パターソン = クレオンテ / エルザ・ドライジグ = ディルケー / マリナ・プルデンスカヤ = ネリス / 他
指揮 … ダニエル・バレンボイム
オーケストラ … ベルリン州立歌劇場管弦楽団=ベルリン・シュターツカペレ
合唱 … ベルリン州立歌劇場合唱団

2018/2019シーズンの開幕公演。ルイージ・ケルビーニ(1760-1842)の《メデア》は1797年,パリで初演された。彼の代表作とされるが、長く上演される機会に恵まれず、マリア・カラスが1953年に主役メディアを演じ、1969年に彼女の主演で映画が制作されたことで息を吹き返した。そうした経緯もあってイタリア語での上演が多かったが、今回は初演時のオリジナル版による上演で、フランス語で演じられている。アンドレア・ブレスによる新演出は、物語の舞台を現代の都市に移したもの。荷が積み重ねられた関税倉庫(密輸倉庫?)のようなセットが登場し、最後は《神々の黄昏》よろしく炎に包まれる。主役メディアは煤けた格好で、初日は演出にブーイングも飛び交い、評判はもう一つ。ほとんど出ずっぱりという難役のメディアを、ブルガリアのソプラノ、ソーニャ・ヨンチェヴァが体当たりの熱演。ダニエル・バレンボイム率いるベルリン・シュターツカペレは安定した仕上がりで、シーズンは上々のスタート。

写真:Staatsoper Unter den Linden / Bernd Uhlig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミンデン・リング・チクルス | Der Ring in Minden

  2. 新作オペラFLASH ★ バイエルン州立歌劇場 … オテロ

  3. 新作オペラFLASH ★ ハンブルク州立歌劇場 … コジ・ファン・トゥッテ

  4. 新作オペラFLASH ★ モネ劇場 … 魔笛

  5. 新作オペラFLASH ★ バイエルン州立歌劇場 … 売られた花嫁

  6. ポツダム・サンスーシ宮殿音楽祭 | Musikfestspiele Potsdam Sanssouci