マルタ・アルゲリッチ&フレンズ … ライヴ・フロム・ルガーノ2016

スイス南部ルガーノで4月~6月にかけて行われてきた音楽祭が2016年、スポンサーの撤退によって惜しまれながら幕を閉じた。2002年からその音楽祭の中心に置かれていたのが、ピアニストのマルタ・アルゲリッチが主催してきた若手音楽家育成のための「Progetto Martha Argerich=マルタ・アルゲリッチ・プロジェクト」だ。プロジェクトには、チェロのミッシャ・マイスキー、ピアノのスティーヴン・コバセヴィチ、ヴァイオリンのイヴリー・ギトリスといった彼女の仲間たちがこぞって参加、彼らによって実に多彩なプログラムが組まれてきた。この3枚組のアルバムは、その最後の2016年の記録。2016年の音楽祭は6月7日から30日にかけて行われている。アルゲリッチの演奏だけをみても、ベートーヴェンの《合唱幻想曲》、J.Sバッハの《ヴァイオリン・ソナタト短調》、朗読付きの《夜のガスパール》まで、新しいレパートリーと若い頃によく演奏したレパートリーの組み合わせ。彼女の演奏を色々なスタイルで堪能できるのも魅力。

 ……… 収録曲
 CD1
 ・ラヴェル:夜のガスパール
  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 ・ブゾーニ:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.35a、BV243
  ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
  アレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮スイス・イタリア語放送管弦楽団
 ・モーツァルト:2台ピアノのためのソナタ ニ長調 K.448/375a
  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)、セルゲイ・ババヤン(ピアノ)
 ・ファリャ:2つのスペイン舞曲(歌劇『はかなき人生』より)
  セルジオ・ティエンポ(ピアノ)、カリン・レクナー(ピアノ)
 CD2
 ・ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
  アレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮スイス・イタリア語放送管弦楽団
 ・ベートーヴェン:合唱幻想曲 op.80
  マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
  ディエゴ・ファソリス指揮スイス・イタリア語放送管弦楽団&合唱団
 ・ブラームス:ホルン三重奏曲変ホ長調 op.40
  ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)、ルノー・カプソン(ヴァイオリン)、ダヴィッド・ゲリエ(ホルン)
 CD3
 ・ベルク:ピアノ、ヴァイオリンと13管楽器のための室内協奏曲
  ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)、ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
  ブルーノ・グロッシ(フルート)、マウリツィオ・シメオリ(ピッコロ)
  パオロ・ベルトラミーニ(クラリネット)、コッラド・ジュフレディ(クラリネット)
  ステファノ・フランチェスキーニ(フルート)、マルコ・スキアヴォン(オーボエ)
  フェデリコ・チコリア(オーボエ)、アルベルト・ビアーノ(バスーン)
  ステファノ・センプリーニ(ヴァイオリン)、リカルド・セラーノ(ホルン)
  ヴィットリオ・フェラーリ(ホルン)、イヴァーノ・ビュアート(トランペット)
  フロリアーノ・ロシーニ(トロンボーン)、エレーナ・シュワルツ(指揮)
 ・J.S.バッハ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調 BWV.1017
  テディ・パパヴラミ(ヴァイオリン)、マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 ・ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲=ドビュッシーによる2台のピアノ版
  スティーヴン・コワセヴィチ(ピアノ)、マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
 ・ニシンマン:オンブレ・タンゴ
  アンサンブル・レンクエントロス

アルバムを探す ▶


関連記事

  1. ワイセンベルク名演集 … ザルツブルク音楽祭ライヴ1972

  2. ブザンソン告別リサイタル1950 … リパッティ

  3. ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル … ベルゲン・ライヴ 2

  4. クーベリック&チェコ・フィル《我が祖国》 … プラハの春1990

  5. モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第25番 … アルゲリッチ、アバド&モーツァルト管弦楽団