モーリッツブルク音楽祭 | Moritzburg Festival

[開催都市]Moritzburg … Germany | モーリッツブルク … ドイツ
[開催時期]2021:8.8 … 8.22

    音楽祭のサイトへ ▷


ドイツの古都ドレスデンの郊外にあるモーリッツブルク城は、1546年にザクセン公モーリッツが狩猟のための館として建てたもの。ルネッサンス様式の建物はアウグスト強王の時代の1723年から10年の歳月をかけてバロック様式に改築された。周囲を掘り下げて造られた人工の池に囲まれたその姿は、湖上の城のような佇まいをみせる。

四つある大広間はそれぞれ皮革製の壁紙、豪華な家具、陶磁器などで彩られているが、中でもダイニングルームの壁に飾られた鹿の角は、「Moritzburger 24-Ender」と呼ばれる世界最大の赤鹿の角を含めてヨーロッパ屈指のコレクションとされている。

そんな古城を舞台にした室内楽の音楽祭が創設されたのは、1993年のこと。中心になったのは、シュターツカペレ・ドレスデン(ザクセン州立歌劇場管弦楽団)の首席チェロ奏者だったヤン・フォーグラー、コンサートマスターのカイ・フォーグラー、首席チェロ奏者のペーター・ブルンスら。めざしたのは、米国の「マールボロ音楽祭」だったという。

ドレスデンから城までは、中央駅からSバーンの列車で15分ほどにある「ラーデボイル・オスト=Radebeul Ost駅」に向かい、そこから「レスニッツグルント鉄道」が運行するSL列車で「モーリッツブルク駅」まで30分ほど揺られるのも一興。駅から城まで徒歩で20分ほどだ。

音楽祭の芸術監督は1993年から2000年までカイが務め、その後、ヤンにバトンタッチ。ヤンは2009年からドレスデン音楽祭の総裁を務めていることもあり、モーリッツブルク教会やブロックヴィッツ城、ケーテ・コルヴィッツ記念館、空港の格納庫といった近郊の建物も会場に使われるようになった。

世界的なコロナ・パンデミックで音楽祭が次々と中止に追い込まれる中、8月に入ってからの開催ということもあって2020年の開催も実現。ヤン以下、夫人のミラ・ワン、カイ・フォーグラー、バイバ・スクライドといったヴァイオリニストをはじめ、リーズ・ドゥ・ラ・サールやアレッシオ・バックスといったピアニストたちが集まった。

関連記事

  1. サラエボの冬 | Sarajevska zima

  2. コバチェヴィッツァ室内楽音楽祭 | НЕОТЪПКАНА ПЪТЕКА

  3. ペルージャ音楽祭 | Musicfest Perugia

  4. 新作オペラFLASH 2019-2020[ザクセン州立オペラ]ランスへの旅

  5. ミトス・オペラ・フェスティバル | Mythos Opera Festival

  6. フィラデルフィア教育音楽祭 | Philadelphia International Music Camp & Festival

  7. ウルティマ現代音楽祭 | Ultimafestivalen

  8. エアフルト音楽祭 | DomStufen Festspiele

  9. グリマーグラス・フェスティバル | Glimmerglass Festival

  10. 新作オペラFLASH 2020/21[ニュルンベルク州立劇場]ブリテン:ルクレティアの凌辱

  11. ワルシャワ・モーツァルト・フェスティバル | Festiwal Mozartowski w Warszawie

  12. シャトークア・オペラ・フェスティバル | Chautauqua Opera Festival

  13. タウンズビル室内楽音楽祭 | Australian Festival of Chamber Music

  14. オーヴェル・シュル・オワーズ音楽祭 | Festival d’Auvers-sur-Oise

  15. 武生国際音楽祭 | Takefu International Music Festival