訃報 〓 ロシアのバス歌手、マキシム・ミハイロフ

2018/11/22

ロシアのバス歌手、マキシム・ミハイロフ(Maxim Mikhailov)が亡くなった。56歳だった。ボリショイ劇場が発表したもので、死因などは不明。チュヴァシ共和国の人民芸術家。ミハイロフは1962年、モスクワ生まれ。1987年の「グリンカ声楽コンクール」に優勝してボリショイ劇場に入団。1993年にドイツの「ベルヴェデーレ国際オペラ・コンクール」に優勝したのを機に活躍の場は海外に広がり、世界的な歌劇場で活躍を続けていた。ボリス・ゴドゥノフは当たり役で、クラウディオ・アバドに招かれて1994年から上演が始まったザルツブルク復活祭音楽祭《ボリス・ゴドノフ》に出演している。祖父はマキシム・ドミトヴィチ・ミハイロフ。ボリショイ劇場で1932年から1956年まで活躍し、史上最高のバス歌手と語り継がれ、スターリン勲章を授与されている。

写真:NOVAT opera


関連記事

  1. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が好スタート、2018/2019シーズンが開幕

  2. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

  3. アムステルダム発 〓 ハイティンクが引退を表明

  4. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. ローマ発 〓 18歳から25歳限定で2ユーロのオペラ鑑賞チケット発売

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。