訃報 〓 ロシアのバス歌手、マキシム・ミハイロフ

2018/11/22

ロシアのバス歌手、マキシム・ミハイロフ(Maxim Mikhailov)が亡くなった。56歳だった。ボリショイ劇場が発表したもので、死因などは不明。チュヴァシ共和国の人民芸術家。ミハイロフは1962年、モスクワ生まれ。1987年の「グリンカ声楽コンクール」に優勝してボリショイ劇場に入団。1993年にドイツの「ベルヴェデーレ国際オペラ・コンクール」に優勝したのを機に活躍の場は海外に広がり、世界的な歌劇場で活躍を続けていた。ボリス・ゴドゥノフは当たり役で、クラウディオ・アバドに招かれて1994年から上演が始まったザルツブルク復活祭音楽祭《ボリス・ゴドノフ》に出演している。祖父はマキシム・ドミトヴィチ・ミハイロフ。ボリショイ劇場で1932年から1956年まで活躍し、史上最高のバス歌手と語り継がれ、スターリン勲章を授与されている。

写真:NOVAT opera


関連記事

  1. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  2. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  3. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが2020年の概要を発表

  4. ニューヨーク発 〓 ラン・ランが音楽教育に500万ドルの寄付

  5. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  6. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  7. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  9. シカゴ発 〓 シカゴ響の楽団員によるストライキに終止符

  10. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響の次期首席指揮者に英国のニコラス・コロン

  11. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  12. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが「オーケストラ・アカデミー」

  13. ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

  14. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の音楽祭の概要を発表

  15. 訃報 〓 コンセルトヘボウ管弦楽団の名コンサートマスター、ヘルマン・クレバース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。